Le Mariage

こんにちは。 お料理教室Table Bourgeons...の和実です。 さて、6月にちなんで先日はJune Bride(ジューンブライド)のお話をしましたが、今日は私の結婚式をクローズアップ! 場所はフランス、ロワール地方。古城がたくさんある地方で観光地としても有名ですよね。古城のなかでも特に有名なシャンボール城の近くが彼の家族にいわれのある土地なので、挙式はこの近辺で行われました。 当初私達はすでにフランスを離れ、東京に住み始めていましたので、私だけ準備のために式の一ヶ月前から一足お先にフランス入りし、テーブルセッティングのための小物探しや、ミサの冊子制作をしたり、仕入れ先の花市場まで下見に行ったっけ。ドレスもフランスでオーダーしていたので、サイズ合わせのたびに義母が隣町までの長距離を何回も車を走らせてくれました。感謝です。 挙式の数日前からは、主人と日本の家族もフランス入りです。 実は挙式の装花や、ブーケはすべてフローリストである私の姉にお願いしたのです。慣れない土地で、最小限のお道具しかない状態にも関わらず奔走してくれる姉の指揮のもと、家族総出で花仕事をし、前日には教会にセッティングしにいったりととにかく大忙し。普段は家で何もしない父までもが一生懸命花の水替えなどを買ってでてくれていました。家族一致団結しての作業、挙式と同じくらい私の大切な思い出です。 そんなこんなで準備ができた祭壇はこんなかんじ。素敵でしょう? 挙式当日。 まずは、馬車に乗って登場です。 これは私のリクエスト。すこし乗馬をしていたものですから、本当は馬にまたがって登場したかったのですが、さすがにドレス

レモネード

こんにちは。 お料理教室Table Bourgeons...の和実です。 先日は皆様もご存知のとおり、大阪で大地震がありました。私が大阪出身であることから皆様にもご心配頂き、優しいお言葉をかけて頂き、有難うございました。 幸い私の実家周辺は大きな揺れではあったものの、被害は特になかったようで、ひとまず安心しているところです。 とはいえ、すぐお隣の町では水道管が破裂していたり、余震が続いていたりとまだまだ気をつけないといけませんが、、、 そして今回被害にあわれた方々には、一日も早く穏やかな日常生活が出来ますことをお祈り申し上げます。 さて、本日もレッスンをさせていただいております。 今日も有難いことに満席御礼となりました。参加いただきました皆様、有難うございました! 託児のお子様も2名。初対面のお子様同士でしたが、小さいお子さんが年上のお兄ちゃんを慕って後追いしたりお兄ちゃんが小さいお子様のお世話をしてくれたりと、託児ルームでもお子様同士仲良く、新たな出会いを楽しんでくれたようです! そして、大人チームもワイワイ歓談しながらのデモ&ランチとなりました。 今日は皆様リピーターの方たちでしたので、緊張も解けた状態で楽しんでいただけたのではないでしょうか。 本日は蒸し暑い日となりましたので、ウエルカムドリンクはハーバルレモネードをご用意いたしました。 自家製のレモンシロップをベースに家庭菜園の無農薬ハーブで香りつけしています。 今日選んだハーブは、レモンバーベナとペッパーミント、タイム。さわやかですっきりした仕上がりとなりました。 レモンシロップは、同量のスライスレモンと氷砂糖を交互に

June Bride

こんにちは。 お料理教室Table Bourgeons...の和実です。 とうとう梅雨らしい気候になってきた今日この頃ですが、一般的には6月は《June Bride》といわれるように、6月に結婚する人は幸せになれるという言い伝えがありますね。 今回調べてみみると、どうやらギリシャ神話がもとになっているようですが、ヨーロッパでは昔から春の農作業がひと段落する6月に結婚式を挙げる習慣があったようです。現実的な観点からすると、6月は気候が良いことと、7月8月のバカンスを避けるためという理由もあると思います。 とはいえ日本は梅雨時期でお天気も不安定ですし、私自身も結婚式は10月だったのですが、せっかくですので今日はフランスの結婚式事情についてコラムを書きますね。 日本でもよく話題に上がるように、フランスでは「事実婚」が多いといわれていますが、実際私の周りでは大半の方は籍をいれています。どちらかというと、周りの友人達がカトリック系の人が多いというのが理由でしょう。カトリックの方は特に、教会での挙式も大切にしています。 フランスでは、役所でのセレモニーと教会での挙式がそれぞれあります。役所でのセレモニーとは、日本で言うところの婚姻届を出す作業なのですが、市長さんの前で誓いを交わします。結婚の証人にも立ち会ってもらいますし、親族や親友なども参列し、二人を見守ります。あまり信仰のない場合は教会での挙式はせず、この役所でのセレモニーだけをして、そのあと披露宴という形を取る方もいます。 教会での挙式は、キリスト教信者には欠かせないもの。近年では日本人カップルで海外挙式なんかもありますね。ですがフラ

通訳のお仕事

こんにちは。 お料理教室Table Bourgeons...の和実です。 今日は、先日行われた展示会の様子をお伝えいたしますね。 さてこの展示会、業者向けに行われた製菓材料の展示会でだったのですが、今回私は、参加企業のうちの一社”日仏貿易”さんが取り扱う、フランス製冷凍デザートをPRするために来日されていた、M.O.F.のフィリップウラカシェフの通訳を担当させていただきました。 この冷凍デザートの商品開発を監修されているのがまさに彼なのですが、冷凍デザートといってもさすがクオリティーが高く、今回はこのデザートを用いて、デコレーションのアイデアを提案をするというデモンストレーションを行いました。 シェフが作業しながらお話する内容を同時通訳するのですが、事前に決まっていることといえば、どの順番で商品を見せるか、何を使うかという程度ですので、シェフがお話しする内容は言わば”アドリブ”。そして、フランス人らしくジョークも加えつつのトークとなりました。陽気なシェフのお人柄もデモで皆様に伝わったのではないかなと思います。 たった30分の間に7品も仕上げてしまうのですから、見ていただいたお客様にも盛りだくさんな内容だったと思います。 そして盛り付けが本当に大切な工程で、表現方法は無限大だということも、シェフの技を間近に見て体感していただけたと思います。完成品を皆様一生懸命写真に収められていました。 残念ながらこちらでは一部のお皿しか掲載しておりませんが、どれも見栄えするものばかりで、デコレーションされる前と後の差は歴然です。各店舗によってそれぞれのオリジナリティーが表現できるのは魅力ですよね

M.O.F.

こんにちは。 お料理教室Table Bourgeons...の和実です。 今週は、変則的にレッスンを休講させていただいております。 先日ブログですこし書きましたが、12日、13日の2日間、業者向けの製菓関係の展示会が開催されます。その際に、フランス人シェフの通訳担当として携わることになりました。 本日は、明日からの展示会に先立ち、シェフをはじめスタッフさんと顔合わせ、打ち合わせに行ってまいりました。 シェフの名前はPhilippe URRACA(フィリップウラカ)さん。 職人として最高の栄誉とされるM.O.F.(フランス国家最高職人)を授与された方なんです。日本で言うところの人間国宝でしょうか。 現在は残念ながら閉店してしまいましたが、パリにお住まいの方にはマレ地区にあった《Profiterole Chérie》という、プロフィットロール専門店のシェフパティシエと書いたほうがピンと来る方も多いのではないでしょうか?? 現在は、業者向けに開発された冷凍デザートの製品を監修するディレクターとしてご活躍されていらっしゃいます。 M.O.F.のシェフのサポートであることや、久々の外部でのお仕事、作業する側ではなく通訳者という立場などなど、緊張する理由をたくさん抱えながらの初日でしたが、、、 実際には、シェフがとても気さくな方でしたので緊張はすぐに解け、和やかムードでの打ち合わせとなりました。正確には打ち合わせというほどの段取りの話はほぼなく、一緒に仕込みをお手伝いさせて頂きました。 通常は買出しも一人、仕込みも一人で作業している私にとっては、久々の共同作業です。レストラン勤務時代を彷彿

ケルメス

こんにちは。 お料理教室Table Bourgeons...の和実です。 ついに梅雨入りしましたね。 庭のアジサイも憂いを帯びております。 さて、タイトルの《ケルメス》。 Kermesseと書くのですが、学園祭や学芸会といったところでしょうか。 ブログでもすこしご案内させていただきましたが、わが子たちが通うフランス人学校も先日このケルメスが行われました。 一般公開しているので誰でも参加できるのですが、やはり基本的にはこの学校の生徒やその家族の参加が大半。 我が家はこのケルメスで娘のバレエの発表会があったので、その応援がメインイベントです。 一般のバレエのお教室とは違いとてもゆる~いお稽古なので、発表会もまた然り。衣装は練習用のレオタードに辛うじて曲別におそろいのチュチュを着用しているだけ。 ですが、子供達は一生懸命一年かけて覚えた振り付けを、緊張しながら精一杯踊りきりました。 幼稚園生くらいの小さな子供達は、舞台上から客席にいるパパママを発見しては手を振ってしまう場面を毎年必ず見かけますが、それもまたご愛嬌!終わったら客席からは盛大な拍手に”Vravo!"の嵐です。このあたりの客席のリアクションはやはりフランス人ならではな感じですよね。 娘も今年でバレエを始めて4年目。ずいぶん成長したのが見えました。そして何より、本人がすごく楽しそうに踊っていたのが嬉しかったです。 事前に予約しておくと給食も体験できるのですが、当日でも色々軽食が購入できました。ここでもフランスのお国柄が出るところなんですが、サンドイッチの横で販売しているのはシャンパンをはじめとするワインの数々!残念ながらシャ

6月レッスンスタート

こんにちは。 お料理教室Table Bourgeons...の和実です。 本日より6月のお料理レッスンがスタートいたしました。 毎月、月初めのレッスンは新しいメニューに変わりますので、とにかくドキドキしています。 デモンストレーションが時間通り終わるかな?と時間配分を考えながら試作段階で試行錯誤したり、手順よく運ぶように頭の中でシュミレーションしたり。 今月のメニューは、デザートとメイン料理に時間がかかる内容でしたので、デモ前半はとにかく時間勝負。 なんとかおおよその想定内の時間に収まり、今ほっとしながらレッスンを振り返りブログを綴っているところです。 そんな今月のメニューはこちら。 Menu -Tartare de Saumon サーモンのタルタル ーSaucisse Fait Maison, Petit Salé 自家製ソーセージ、レンズ豆の煮込み ーgâteau Basque aux Cerises ダークチェリー入りガトーバスク 前回のブログをお読みくださった方はお気づきかも知れませんが、前菜は先日行いましたイベントのランチで提供させていただいたもの。 見栄えするのでおもてなしにぴったりなんですが、作り方はいたって簡単! レッスンでは、パーティーに使えるアペリティフバージョンでもご紹介いたしました。同じレシピでも盛り付けひとつアレンジするだけで、用途の幅もひろがります! そして、メインは自家製ソーセージ。こちらは自宅で簡単に出来るように本来は羊腸を使うソーセージですが、今回は皮なしバージョンです。ですが、十分にお肉本来のうまみが味わえますし、着色料や保存料などはもちろん

Yoga&Lunch

こんにちは。 お料理教室Table Bourgeons...の和実です。 今日は、定着してきたイベント企画”ヨガレッスン&ヘルシーフレンチ”のリポートです。 この日は満員御礼! ご参加頂きました皆様有難うございました。 ヨガを担当していただくのは今回もAika先生です。 まずは用意していたヨガベルトを皆様にプレゼント。 今回は4パターンのカラーをご用意しましたので、皆様お好みのものを。 レッスン中も早速、肩周りのストレッチや姿勢を正す際に 使用しました。 今日のメンバーにはヨガ経験者の中に初体験の方もいらっしゃいましたが、いざレッスンを開始してみると、皆さんポーズがすごくキレイ。みんなで一緒にするとほかの方のポーズを見ながら刺激を受けあえるのがいいですよね。 最後には難易度の高いポーズにも果敢に挑戦! やりきった感がありました。 Aika先生のヨガレッスンはポーズはもちろんのこと、ストレッチもかなり重点を置いていらっしゃいます。しっかり解し、伸ばしておくとその次のポーズもおのずと決まるのだそうです。このストレッチ、日常でも少しづつ取り入れたいものです。 さて、シャバーサナでリラックスした後は、ランチタイム。 自家製レモンスカッシュで喉を潤し、テーブルへ。 本日のメニューはこちら ーTartare de Saumon サーモンのタルタル ーBrochette d'Agneau, Salade de Quinoua 子羊の串焼き、キヌアとともに ーIle Flottante、compote de cerise イルフロッタント,チェリーのコンポート添え 前菜は、サーモンのタルタル。

​更新情報

Please reload

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Instagram Social Icon
  • Facebook Basic Square