苦渋の決断

こんにちは。 お料理教室Table Bourgeons...の和実です。 昨日までの暖かさは何処へやら、今日は雪景色の東京。。。 先日東京都知事が不要不急の外出自粛要請を発表されましたが、それに追い打ちをかけるようなお天気となりましたね。 暖かいお茶を淹れながら家族でボードゲームをし、窓越しに眺める真っ白のお庭も悪くないものです。 要請自体は現在週末に留まっておりますが、Table Bourgeons...は今回4月中のすべてのレッスンを中止にする決断をいたしました。 今までは消毒や換気を徹底しながらのレッスンを行ってまいりましたが、皆様が密接する環境は免れないこと、そして遠方から電車で通って下さる生徒様も多くいらっしゃいますので、皆様の健康を第一に考え、このような対応をさせていただきましたことを、ご理解いただけましたら幸いです。 最短で5月中旬からの再開を目指しておりますが、今後の東京都の感染状況を見ながら判断していきたいと思います。 引き続きインスタグラムやブログなどは更新予定ですので、お楽しみいただけたら幸いです。 さて、今日は3月レッスンでご紹介したデザートについて。 フレジエをご紹介いたしました。 イチゴがたっぷりのスポンジケーキで、いわばフランス版のイチゴのショートケーキです。 フランス人ならみんな大好物なのでは?というくらいの位置づけです。 イチゴは2パック以上はしっかり詰まっていてそれだけでも贅沢なケーキですが、特徴的なのはクリーム。日本のショートケーキはホイップクリームで軽い口当たりなのに対し、フレジエはバタークリーム(ムースリーヌ)でしっかりずっしり。 カス

春到来

こんにちは。 Table Bourgeons...の和実です。 新型コロナで家に引きこもっている間に東京の桜はすっかり満開となり、春の到来を実感する今日この頃。 先週は実はお教室をキャンセルとさせていただきました。新型コロナの影響ではなく我が家でのウィルス性胃腸炎の蔓延が原因です。 ご予約いただいておりました皆様には日にち変更などのご協力をいただき感謝しております。 胃腸炎は私も含め、仲良く家族全員が順番にかかり、ようやく先週収束いたしました。病院の先生のアドバイスのもと、アルコールや塩素系漂白剤での消毒を家中施し、久々に今週からレッスンを再開。 すっかりブログ更新もお休みしておりましたが、今日は3月のメニューをご紹介いたしますね。 メニューはこちら -Verrine de Betterave ビーツのヴェリーヌ -Langue de Bœuf, Sauce façon Gribiche 牛タンステーキ、グリビッシュソース -Fraisier フレジエ まずは前菜のヴェリーヌ。 ヴェリーヌとはガラスの器に盛りつけられたものの総称ですが、よくアペリティフやデザートに登場します。今回はビーツが色鮮やかな食材なので、その目を引く色も楽しんでもらえるようにガラスの器を採用しました。 ビーツ自体なかなか和食では使わない食材ですので、あまりなじみがないかもしれませんが、よくみると最近スーパーで見かけることも!某大手スーパーでは真空パックになっている調理済みビーツも陳列されていたので、生が手に入らないときはいいかもしれませんね。 とにかく鮮やかな色が特徴的なビーツは、薄くスライスすると生食も

3月レッスンスタート

お料理教室Table Bourgeons...の和実です。 すっかり春日和の毎日だったのに、東京はまたもや冬の寒さで雪が降る週末となりましたね。コロナの影響で続く家での引きこもり生活に追い打ちをかけられた気分。 皆さんもそろそろ外出厳粛の生活にうんざりしはじめているのではないでしょうか?? お料理教室は先日より今月のレッスンを開始いたしました。 子供が自宅学習しながらのレッスンで、途中姉弟喧嘩が勃発したりして母としてはハラハラしましたが、シッターさんのご協力もあり何とか無事終了。 来週のレッスンも引き続き子供が自宅学習をしながらのレッスンとなりますが、どうぞご理解のほどよろしくお願いいたします。。 さて、今月は春らしいコーディネートをご提案したいと思ってお花屋さんへ行ったのですが、この季節やはり目が行くのは桜! ということで、桜をテーマカラーにまとめたコーディネートです。 枝ものの桜の足元には同系色のカーネーションをあしらい、その間の空間を繋ぐように雪柳やリモニュームを活けています。 ナフキンは桜色に合わせたのはもちろんのこと、枝の長さを強調するようにナフキンも高さを出して折ったら、ワイングラスにイン! メニューコーナーにも桜を飾り、メニュー表の《Menu》の文字もピンクをチョイスしたりして、さりげなく色合わせしてみたり。。この辺りはもう自己満足の世界ですね。 今月のメニューの黒板は、前から気になっていたモダンカリグラフィーを意識して書いてみました。まだまだ練習中なのでお恥ずかしい仕上がりですが、参考にしたのはこちらの本! 実際にはページをめくり眺めては書いた気分に浸っているだ

バカンス延長???

お料理教室Table Bourgegons...の和実です。 2月後半から始まっていた子供たちの長期休み、通称スキーバカンスは先週末で終了。 いつもなら今頃は通常の生活に戻ってせいせいしているはずなのに、フランス人学校もコロナウィルスの感染予防のため引き続きお休みとなりました。 ですがバカンスが延長になったわけではなく、今週からはあくまでも自宅学習。 毎日インターネットを通じて先生から課題がそれぞれに与えられます。その中には計算や文法などだけでなく、音楽や体操、美術など多岐にわたる課題内容。 最初は私も子供たちもバカンスが延長になった気分でいましたが、ちゃんと学習時間を確保しなければならないことに気づき、悪戦苦闘しております。 今のところ来週には学校が再開する予定ではありますが、コロナが終息しそうにもないので自宅学習が延長になりそうな予感。。。 なんとか我が家は私が家事の合間に面倒見たり、テレワークしている主人がちらちらチェックしたりしていますが、出勤を要するご家庭は大変だろうな。 今回の長期休みは先ほども書いたように《スキーバカンス》という別名があるくらい、フランス人はこぞってスキーへ行くのですが、我が家も先週長野県へ。 もう今年で8年連続で通っている斑尾タングラムスキーサーカスへ。 昨年もここについてはブログでお話していますが、とにかく子供連れに便利なこと。スキー場が目の前で、レンタルもスキーレッスンも託児施設もすべてホテル内。そのうえプールや温泉、マッサージ、エステまでもがあるのです。噂ではクラブメッドが買収したがっていたなんて話もあるくらい、コンセプトはほんとに素晴らし

ママ業お休み

こんにちは。 お料理教室Table Bourgeons...の和実です。 連日コロナウィルスの話題ばかりではございますが、そんな中私はママ業を暫しお休みして、女子旅へ行って参りました。 時は少しさかのぼり2月21日金曜日、バカンス前日の最終登校を控える子供たちを東京に残し、お友達3人で沖縄へ! 朝便のため子供が目覚める前には家を出発するということもあり、それまで平気そうだった子供たちも前夜はちょっぴりセンチメンタルになってはいたものの、それぞれに手紙や工作を用意して送り出してくれました。 まずは那覇へ降り立った足で牧市公設市場へ。 残念ながらただいま整備中のため仮設市場にて縮小バージョンの営業だったのですが、それでも独特なアジアンな雰囲気は建物に入った途端感じます。お店の方の彫りの深さやセンスも本土とは少し違うし、特徴的な匂いがありました。あの匂いは何処から漂っていたのでしょう。。。多分お漬物コーナーだったのかなと思うのですが、島ラッキョウのお漬物やパパイヤのお惣菜などが並び、試食もさせてもらえます。 鮮魚コーナーも十数件あり、南国ならではなカラフルなお魚に巨大な貝やエビは見ごたえあり。 一階のお魚屋さんで購入し、2階の食堂で調理してもらうというシステム。鮮魚を購入しなくても2階の食堂では一通りのメニューが食べられるのですが、折角なので私たちは夜行貝とマングローブガニを調理してもらうことに。サイズによっては一つの食材で2通りの調理法で食べさせてくれるのも嬉しいポイント。 夜行貝は特大サザエの見た目で、味や食感は柔らかく繊細なアワビのような感じ。私たちは半分はお刺身で、半分はガー

​更新情報

Please reload

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Instagram Social Icon
  • Facebook Basic Square