2月の《おうちdeレッスン》終了

こんにちは。

お料理教室Table Bourgeons...の和実です。


明日から3月。

まだまだ朝晩冷え込む日もありますが、随分と春の訪れも感じられるようになりましたね。

我が家でもお庭のクリスマスローズがきれいなお花を咲かせていたり、木々の枝には珍しい鳥の訪問もちらほら見受けられ、嬉しいかぎり。


先週末から始まっているバカンスまっただ中の子供たちのために、お庭にはハンモックや簡易テントも設置して、温かい日中は早くもテラスでのランチを解禁致しました。



4月のレッスンからは通常レッスンの再開を考えているので、最近はめっきりおさぼり中のお庭の花壇も、手入れを再スタートさせて色とりどりのお庭で皆様をお迎えしたいと思います。


さて、現在はまだ動画とキットがセットになった《おうちdeレッスン》を開講中ですが、昨日の便で2月レッスンのキットもすべて配送終了。皆様に楽しんでもらえているようで嬉しいです。


2月のレッスン内容はこちらでした。


ーやりいかのファルシ

ーカマンベールフォンデュ、新じゃがのロースト添え

ーブルーチーズのテリーヌ


やりいかのファルシ

前菜のイカのファルシは、イカ飯のように胴体の中に詰め物をしましたが、詰め物は発想次第で使い方は自由自在。イワシの開きにファルスを乗せたらくるりと楊枝で止めて、ファルスを巻き込むように焼いても美味しいですし、豚肉のスライス(生姜焼き用のような薄切りのロース肉など)で巻いて焼いたら、全く別のお料理の仕上がりに。お肉の場合は巻き終わり部分を下にして焼き始めると、楊枝で止めなくても固定できます。お肉バージョンの時は、ファルスの具材もアレンジするのがおススメ!アンチョビをパルメザンチーズに置き換えて作ってみて下さい。ソースは白ワインのままでOKです。


豚肉バージョン

いかのファルシは、生徒さんからは冷めても美味しかったというお声も届いております。お弁当にもいいかもしれませんね。



メインのカマンベールフォンデュは、すごく簡単なのに豪華に映えてホームパーティーにピッタリとのお声が届きました!


カマンベールフォンデュ

私がチーズを選ぶ時は賞味期限をチェックして、出来るだけ期限ギリギリのものを買うようにしています。期限に近づけば近づくほど熟成度が進んでいて、カマンベールなどは中がとろりと柔らかいのです。逆に賞味期限が随分先だと、カットしても中心部がまだ固まりの状態という、若い段階のチーズに当たってしまうことも。。。

なのでチョイスがあるのであれば、是非賞味期限に近いほうを選んでみて下さいね。



さて、前回ちらっと触れていたフランスでのチーズフォンデュのお遊び。


フランスの家庭なら大抵みんな持ってるフォンデュセット。卓上で温められる小鍋セットに加え、フォークの代わりとなる専用の串があり、その串にパンをさしてチーズをからめていただきます。

竹串とは違い、先が2股くらいに分かれていて極小のフォークのような形状になっているのですが、たまにチーズに絡める時にパンが串から外れて、お鍋に置き去りになってしまうのです。このようにお鍋に具を落としてしまった人には、罰ゲームが待っているのです!!

罰ゲームといっても、内容はあくまでも微笑ましい程度のもので、一発芸的なもののことが多いのですが、どちらかというと食事のマナーには厳しいフランス人達も、この時ばかりは少し和らぐ瞬間です。


私自身はフォンデュセットは持っていないのですが、あればチーズフォンデュやチョコレートフォンデュの他、フランスではオイルフォンデュというのもあります。一口サイズにカットした牛肉を、串にさしながら熱したサラダオイルに漬け、卓上でそれぞれのお好みの加減でお肉に火を通すのです。言ってしまえば、衣なしの串カツといった感じでしょうか。

フォンデュセットをお持ちの方は、是非トライしてみては?



デザートはブルーチーズのテリーヌ。

正直に書くと我が家では子供も主人も、元々チーズケーキ自体が好きではないので、今月のデザートには見向きもせず、誰一人として食べてくれませんでした。。。

生徒の皆様の中でもブルーチーズが苦手とお聞きしていた方もいらっしゃいましたので、皆様の反応をドキドキしながら待っておりましたが、有難いことになかなか好評で、胸を撫でおろしています。

ブルーチーズのベストな割合を探るべく試作を重ねた結果、生徒様からはブルーチーズは主張しすぎず、でも存在感はしっかりあり、繊細な味だったという嬉しいお声もいただきました。


ブルーチーズのテリーヌ

皆様も作ってみたかしら??

混ぜるだけの簡単レシピ。ですが動画でもレシピでもしつこいくらいにアピールしてしまいましたが、とにかく混ぜ方だけは注意してくださいね。空気を含ませないこと!この一言に尽きます。


《おうちdeレッスン》のキットは、ご自宅で生徒さんが仕上げ作業をしやすいように絞り袋を利用したりと、実用的な面に気をつけてパッケージを考えていますが、同時に箱を開けた瞬間、プレゼントが届いたようなわくわくする気分になってもらえるようにも工夫しています。

例えば、今回チーズテリーヌのお届けには、フランス製の”パニボア”という木製の型を使用しました。

木型ごとオーブンに入れて焼くことができ、そのままラッピングするだけで可愛く仕上がりますし、配送時の衝撃からも守ってもらえる優れものなので、すごく気に入っています。



木製の型自体が素朴な雰囲気で可愛いので、お召し上がり後はパン籠として再利用したり、もう一回くらいならパウンド型としてオーブンに入れても耐えられると思いますよ!もしまだお持ちの方は是非再利用してみて下さいね。



さて、3月のレッスンも《おうちde レッスン》となります。

改めて詳しくご紹介いたしますが、なんとなくメニューが決まりましたので簡単にご紹介。

(多少の変更があったらごめんなさい!)


ーホタテの海藻バター焼き

ー豚肉のパン粉焼き、春野菜添え

ーイチゴとピスタチオのパンナコッタ


こちらの一部をキットにして、動画、レシピと共にお届けいたします。


キットのお届け日:3月23日~31日(ご希望日伺います)


料金:8,000円(動画、レシピ、キット、送料込み)



こちらの詳しいキット内容などにつきましては、後日別途メールにてお知らせいたします。

(3月10日あたりの送信を予定しております。しばらくお待ち下さいませ。)


詳細メールはまだですが、一足お先にお申込み受付スタート致します。

3月の《おうちdeレッスン》先行予約はこちら


2月のレッスンをお申込み下さいました皆様とは、3月8~10日くらいでZoomミーティングを開催しようと思っております。直接ご質問にお答えしたりご感想などをみんなで共有しながら、楽しいひと時を過ごせたら幸いです。

こちらもグループ毎に改めてお日にちをお伺いいたしますので、お時間調整可能な方は是非ご参加下さいね!


今日も最後までお読みくださり、有難うございました。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square