top of page

地中海

こんにちは。

お料理教室Table Bourgeons...の和実です。


バカンスでスタートした今月は、休み明け後もリズムを整えるのにもたつき、レッスンの準備も押しておりましたが、ようやく今週から対面と動画両方で、無事に同時スタートすることができました。


最近東京でも、少しづつ強い日差しを感じるようになったのと同時に、夏のバカンス計画を考え始めたこともあり、ここのところ私の気持ちは地中海へ。

南仏のカラッとした気候と、青い空と海、そしてオリーブの木陰でアペリティフをしている姿を想像しながら日々過ごしております。



そんな個人的感情も含みながら、今回ご提案しているお料理もやはり地中海料理!


前菜は「いかのドーム仕立て、ギリシャ風」。

ギリシャの伝統料理のひとつ「ザジキ」に着想を得たお料理なのです。

「ザジキ」はきゅうりとヨーグルトで作るディップソース。今回その要素をそのままに、イカと組み合わせてサラダ仕立てに仕上げています。



ちょっとよそ行きの顔をしていますが、実はとっても簡単!普段の忙しい時は盛り付けを簡素化して、素材を和えるだけでもOK.いわば「きゅうりの酢の物」的ポジションで食卓に取り入れられる一品です。


ドーム型に仕立てる場合も、難しいことはないのでご安心を。ヨーグルトとイカの白が相まって、真っ白に仕上がった一皿を、ギリシャの白壁の街並みとこじつけて、個人的には気に入っています。

だけどギリシャのドームといえば、皆さんもきっとエーゲ海に浮かぶサントリーニ島の「青いドーム」を連想されたのではないかしら、、、 もしそれが白いドームだったら完璧だったのに!とちょっぴり残念!


メインはマグロのコンフィ、プロヴァンススタイル。

マグロのコンフィといえば難しく感じますが、缶詰で御馴染みの「ツナ」を手作りするレシピ。

マグロでご提案していますが、カツオやブリでも美味しくできるので、色々試してみて下さいね。



デザートのクレームブリュレは地中海と関係はありませんが、パッションフルーツを加えてさっぱりテイストに。


ブリュレといえばビストロで定番のデザート。焦げたという意味の「ブリュレ」が示すように、表面を焦がしてキャラメリゼするのが特徴的なデザートです。



レッスンでは仕上げの焦がしをガスバーナーで行っていますが、コテのようなものを直接火で炙って熱し、それを当てつけてキャラメリゼするという昔ながらの手法もあります。ガスバーナーをお持ちでない方は、不要になったスプーンをコテ代わりにすると、キャラメリゼすることも可能ですが、やけどに気をつけてほしいのと、スプーンが変色するので、不要になったスプーンを用意することをお忘れなく。


トースターやオーブンのグリルモードで表面を炙る方法もありますが、バーナーよりどうしても加熱時間がかかります。事前にクリームを凍らせておくと少しマシではあるものの、ブリュレは厚みがないので、ぐつぐつ煮立ってしまうのは避けられません。。。


結果論として綺麗にキャラメリゼできるのはやはり、断然ガスバーナーです。

キャンプやBBQなど、アウトドアには絶対に役立つアイテムですし、キッチンでは今回のブリュレだけでなく、お肉やお魚などの炙りも簡単に出来ます。ガスコンロのガス缶に取り付けるタイプもあるので、アタッチメントだけ購入すれば保管スペースも取らないのも嬉しいところ。あったら便利な調理グッズなので、ご興味ある方は是非チェックしてみてね。


実はブリュレ、キャラメリゼしなくてもそのままでも美味しくお召し上がり頂けます。というのも、フランスには[ Crème aux Oeufs / クレーム・オ・ズ ] というデザートがあり、まさにこのキャラメリゼせずにお召し上がりいただいた状態のもののことをいいます。簡単に言ってしまえば、濃厚プリン。スーパーなどでも色んなメーカーのクレーム・オ・ズが並んでいて、私もフランスに滞在中は好んで購入してしまうおやつの一つ!バーナーがない方はまずはこちらでお試しを。



今月の《おうちdeレッスン》は現在受付中です。宅配は6月5日まで。日程ご都合悪い方はお問合せ下さい。

お申込みはこちら


そして只今動画レッスンに、《おうちdeクラフティ》をご用意しております。

今が旬のさくらんぼを使って、簡単に出来る焼きっぱなしのおやつはいかがでしょう??



こちらは昨年の今頃、コース仕立てでご紹介したレシピです。今回はデザート単品でご受講いただくスタイルで再登場です。とにかく簡単なので、思い立ったらすぐに作れる気軽さが最大の売り!だから我が家でもリピ率高めのおやつです。



昨年のレッスンを逃された方や、お友達へのプレゼントとしてのご利用にも是非!

6月末まで受付中。

《おうちdeクラフティ》のお申込みはこちら


今日も最後までお読みいただき、有難うございました。


Comments


最新記事
アーカイブ
タグから検索