ALOHA!

こんにちは。

お料理教室Table Bourgeons...の和実です。

長い間お休みをいただいていたレッスンも今週から開始いたしました。

初回は毎回緊張するものですが、休みボケだった私はいつも以上にドキドキしましたが、無事終了となりました。

レッスンのお話も綴りたいところですが、フランス便りからの流れでもう一丁旅話を。。。

実はフランスでの長期滞在を終えた8月下旬。日本に帰国するも3日後にはまた飛行機に乗っていた我が家。

実はバカンス最後の締めくくりとして、ハワイへ旅行に行ってまいりました。

この旅行は私の実家の家族旅行に我が家も便乗した形で実現したのですが、仕事の都合で主人は前半のみの参加。残りは両親、姉妹、子供たちという3世代で、計9人の大移動。

実家メンバーは関空発、我が家は成田発で現地集合。

今回は0歳児の甥っ子もいたので、利便性を重視してオアフ島をチョイス。

マカプゥ岬からの眺め

人数が多いので宿はホテルではなく一軒家をレンタルしました。寝室4部屋、お風呂場が3箇所もあったこの家は、大人数の私達にはホテル生活よりも断然快適でしたし、2台分の駐車場があるのも好都合でした。予約した段階ではあまり位置関係が分かっていなかったのですが、幸いワイキキの喧騒からは少し離れた場所で、ハワイをご存知の方はぴんと来るかと思いますが、アラモアナショッピングセンターやホールフーズ(大型スーパー)が近くにあり、ビーチもすぐ近くにありました。

このアラモアナビーチはロコが中心で、ローカル感が漂っていた点も良かったです。

アラモアナビーチ

5泊7日の旅で今回の私の中での目玉としては、母がみんなを連れて行きたかったという”天国の海”と、子供達にいるかを見せてあげることの二つ。

天国の海とは、干潮のときだけ海の真ん中に現れる白砂のサンドバーで、ホノルルから北東に位置するカネオヘ湾から船で向かったところにあります。 

残念ながら私達が参加した日は満潮で、白浜は歩けませんでしたが海はとてもきれいで、「ハワイ」から連想するようなグリーンの海に青い空の下で海水浴を楽しみました。ですが基本珊瑚でできた白砂のここでは、満潮の場合でもシュノーケルでお魚を楽しめるようなスポットではありませんので、皆様にはやはり干潮の白浜をおススメしたいな~。。。

二つ目の目玉はイルカに会いに行くこと。

以前のハワイ旅行では船の上からイルカウォッチングをするというツアーに子どもと参加していたので、今回は更なるイルカとのふれあいを求めておりました。

シーパークで調教されたイルカと触れ合うか、船で海まで出て野性のイルカと一緒にシュノーケルをするか。。。

悩みに悩んだ挙句、イルカとのシュノーケルをチョイスした私。心配していたのは、船から海へダイブする恐怖と、深い海への恐怖に子供達が耐えられるのか?ということ。最悪の場合、船の上からのイルカウォッチングになるかなーと半分あきらめていたのですが、、、

いざ海へ出ると、いるかの群れを見つけたらとにかく一気にみんな海へダイブ!野性のイルカが相手なだけに、毎回がラストチャンスという気持ちで潜るのです。その勢いに押され、子供達も怖気づいている暇は無く、スタッフに促されるまま海へ入水!ダイブするのは怖かったようで、船の縁をつたってスルスルと入水しておりましたが、スタッフさんもそのあたりはフォローしてくれます。

そして海が怖いんじゃないかと思っていたのですが、とにかく透明度が高く、深いはずの海は海底の白砂までもが見えているし、最高のお天気のおかげで海の色は暗いブルーではなく、明るいエメラルドグリーンといったくらいの色だったのも相まって、全く恐怖心は抱かなかったようで、二人とも必死にイルカを追いかけておりました。

ライフジャケットはもちろん、マスクやフィンも貸し出しがあったのですが、私達は顔全面を覆うフルタイプのマスクを持参していたので、子供達も余裕!!

とはいえ、やはり子供達は私と一緒に潜ります。

(この日はすでに主人は帰国していたので、私と子供2人)

最初は平気だったのですが子供にできるだけたくさんのイルカを見せたいという焦りと、体力的な限界に途中からかなりきつくなってきて、足はつりそうだしマスクの中も息苦しくなってくるしで、スタッフに必死でヘルプサインを送りました!!子供を一人スタッフに引き取ってもらい再び余裕ができたものの、あの時は本当に苦しかったー!!そのときの私の顔は相当悲愴なものだったことでしょう。

実際たくさんの野生のイルカの群れに会うことができ、水中で泳いでいるイルカはもちろん、顔を上げれば水面から見るジャンプの様子もまた新鮮!親子の群れもいたので、小さな赤ちゃんイルカを見れたことが子供達には嬉しかったようです。

一回20分位潜っていたのかな?それを2回し、ツアー参加者全員がイルカと遭遇したのを確認したら、場所を変えて今度は海がめスポットへ。

すると長女はイルカの時は全く平気だったのに、海がめや魚は怖がってしまい、入水せずに船の上から見学。見学といえども、船長さんたちと船の上から魚にえさをあげたりして十分楽しんでいたようですが。

その間私は息子と海がめや魚を探しにシュノーケル。いるかよりもさらに近い距離で海がめを目撃し、息子はもちろんのこと私も大興奮。手を伸ばせばさわれたんじゃないかしら?? 

このツアーではランチも付いていて、ハワイの定番「スパムおにぎり」!これがまた美味しくって、子供達も久々のおにぎりに大喜びです。

〆にスタッフと一緒にフラダンスを踊るおまけつきで、盛りだくさんなツアーとなりました。

私が利用したのは《私立イルカ中学校》というツアーで、ガイドブックにも必ずのっているんじゃないかしら?日本人経営のツアーで、参加者もほぼ日本人ですが、機会があればまた参加したいなーと思っています。

(子供がもう少し体力が付けば、もう少し長めのツアーに参加したいなー。)

ちなみに妹は0歳児を連れての参加でしたが、シュノーケル中はスタッフさんが子供をあやしてくれて、妹も存分に満喫できました。海がめスポット