top of page

お惚気

こんにちは。

お料理教室Table Bourgeons...の和実です。


とうとう関東地方も梅雨入り。

時が経つのが早くて驚きを隠せないものの、もう6月中旬に差し掛かろうとしていますから、それもそのはずですね。


今月は母の日に続いて父の日が18日にスタンバイ。我が家はそれに加え、主人の誕生日があるうえに、子供たちの学校が年度末という事もあって何かと行事が重なり、落ち着きがない日々を過ごしております。


さて、「父の日」は日本もフランスも同じく6月の第三日曜日。

ですが母の日は違って、フランス版の母の日は6月4日でした。(毎年変わります)

日本版母の日は、悲しいかな完全スルーだった我が家。どれだけ私が家で「母の日」のためにせっせと作業をしていても子供達には全く響いておりませんでした。


そんな中、ほんのちょっぴり期待が募るフランス版母の日だった先週末。というのも、まだ長男は小学3年生なので、学校の先生の計らいで母の日のための工作があるだろうと予想していたから。


案の定、長男からは手作りカードをもらって母嬉し。それで十分満足でした。


がしかし、今年はいつもとちょっと違った。

学校帰りに子供達二人でこっそり寄り道して、お小遣いを出し合ってお買い物。なんとプレゼントに焼き菓子を用意してくれていたのです。


そうとは知らず、娘に冗談で「母の日が終わっちゃったけど、まだ何ももらってないわ~」なんて余計なことを言ったら、待ってましたとばかりにテーブルの下からプレゼントが登場したではありませんか!皮肉な冗談を言っってしまったことを心底後悔しました。


本当にびっくり。完全なるサプライズでした。


お小遣いといっても、中一の娘にはわずかな額しか渡していないですし、長男に限ってはまだお小遣い制を導入していません。そんな中プレゼントしてくれたわけですから、それはそれは感動です。


二人だけでお店でお買い物している風景を想像するだけで顔がにやけちゃう。ラッピングのリボンも、私の好みに合わせたそうで、もう胸がキュンキュン。この件に主人は全く関与しておらず、100%子供達のアイデアだった模様。何処にでもあるチェーンの洋菓子店のそれは、私にとって今までで一番美味しいマドレーヌの味となりました。


という、完全にのろけ話。


さてさて、父の日の準備も大詰めに差し掛かっており、今日はパッケージを最終調整致しました。

イメージに合わせて発注していた資材を使って早速試作したら、なんとまあジャストサイズの箱にきれいに納まりました。



こうもきっちり納まるととっても気持ちがいいものです。すっきりしているでしょう?


ギフトを考える時は、美味しいものであるというのは当然ながら第一条件ではありますが、パッケージはとっても大切な役割を担っているとつくづく思います。時代の流れに合わせて、お教室でも過剰包装はしないように努めておりますが、ギフトを渡す時や、箱を開けるその瞬間も楽しんでもらえるように考えることまでが、ギフト製作だと思って挑んでいます。


皆さんも手作りものをプレゼントするときは、是非パッケージにも一工夫してみて下さいね。空き箱や空き瓶を再利用しても十分素敵なものが出来ますし、手作りタグやメッセージカードを添えるだけで一気にオリジナリティーが出ます。私はお庭のオリーブの木やローリエの枝を短くカットして、パッケージに添えることもあります。ナチュラル感がプラス出来るお気に入りのアイデアです。




お教室はいよいよ来週からレッスン復帰!

まずはリハビリも兼ねて、のんびりスタートしようと思っていましたが、いざスケジュールを組みだしたら意欲が沸いちゃって、結局来週は3日もレッスン日を設定しちゃってます!

週に3日開催というと何ならいつもよりハードスケジュール!私の体調を気遣って下さる方達のお顔が頭をよぎり、お叱りを受けそう(笑)

でも過去のメニューからのセレクトということもあって、意外と気持ち的にも余裕に構えておりますし、来週限りですので、どうぞご心配なさらずに!


有難いことに来週は全日満席御礼となりました。

久々のレッスンで感が鈍ってそうですが、どうぞわちゃわちゃなレッスンをもお楽しみ頂けましたら幸いです!


今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。


Comments


最新記事
アーカイブ
タグから検索