フランス便り④番外編

こんにちは。

お料理教室Table Bourgeons...の和実です。

日本では暑さと湿気が手強い毎日のようですが、皆様夏バテしていらっしゃいませんか?

私のいるフランスでは、日本でもニュースになっていた猛暑は終わりヨーロッパらしい気候に落ち着き、朝晩は涼しいですし日中気温が高いときでもカラッとしていて過ごしやすいです。先日に少し雨が降ってからは、いよいよ夏の終わりの気配すら感じる時もあります。

さて、前回のブログでも予告しておりましたが、今回フランスから少し飛び出してスイスまで旅行に行ってまいりました。

ということで、フランス便りの番外編は《スイスの旅》でございます。

実は昨年私たちの結婚10周年だったのですが、そのお祝いにと義理の両親が旅行をプレゼントしてくれたのです。しかも、プレゼントの意向は「二人だけでゆっくりと過ごす」ため。だから旅行中は子供たちは両親が面倒を見てくれていました。

パリからTGVに乗ってスイス、ジュネーブまで。

そこからはレンタカーでレマン湖周辺をドライブしつつ観光する3泊4日の旅。

スイスはすごく小さな国ですが、大きく4つの地区に分けられてそれぞれ公用語が違い、フランス語圏、ドイツ語圏、イタリア語圏、ロマンシュ語圏となっています。

今回はその中のフランス語圏を廻ってきました。

それもそのはず、今回の旅のもう一つの目的は、主人の頭の中では老後の移住先の候補の一つとして挙がっていたから下見も兼ねていたのです。

まずジュネーブにつきましたが、着いた途端レマン湖を横目に車を走らせて向かった先はフランス。

え???

せっかくスイスについたと思ったらまたフランスへ???

実はフランスといっても国境ギリギリに位置するサレーヴ山に登ってきたのです。ケーブルカーでぴゅーっと上まで行けて、上からレマン湖を見下ろせるのです。

ここはパラグライダーのメッカでもあるそうで、次々にみんな大空へ飛び立っていくのを眺めながら。上手な人は何時間でも空中に漂っていられるんですって。

山を下りたら再びスイスへ戻り、宿へ向かいがてら途中の町を散策。

ジュネーブからローザンヌに向かう間に、Nyon(ニヨン)やRoll(ロール)という小さな町に立ち寄りました。

小さな町ですが湖に面していて、カフェやレストランもあればお城まであるから観光客もちらほら。

湖畔ではみんな思い思いに時間を過ごせるようにきれいに整備されていて、岩に椅子がねじ込まれていたり、水面にせり出したデッキがあったり。もちろん歩いているだけでも十分気持ちがいい!

スイスを移住先の候補に考えている理由の一つはこうした小さな町に住みながらも、車で短時間の移動で、都市での仕事ができる点が主人には魅力のようです。

バカンスシーズンで芸術の街ローザンヌでもコンサートなどは見れなかったのは残念ですが、そのかわり町のいたるところでお祭りが催されていました。

これは偶然遭遇したジャズフェスティバル。街角でのコンサートですが結構にぎわっていて、音楽も素敵で心地よい時間を過ごしました。

この時頂いた食事はレマン湖でとれたペルシュというお魚(スズキ科の魚)のムニエル。どうやら名物料理らしいです。

癖のない淡泊な白身のお魚はバターの香ばしさで旨味が引き立っていました。

ドライブしていてびっくりしたことの一つは、スイスにもフランスに負けないくらいのワイン畑があるということ。日本でもフランスでもあまりスイスワインって聞かないですよね?でも実際には湖を見下ろす丘にはたくさんのワイン畑があって、石で積み上げられた段々畑のそれはレマン湖の水面の光の反射を存分に受けながら、ブドウをそだてているそうです。

途中のワイナリーではワインのお味もチェックしつつ、ドライブを続けます。

写真に写りきらない量のスイスワインがセレクトされていました。

ある日の晩ごはんには、ワイン畑の中にあるテラスでレマン湖を眺めながら。

もちろんスイスワインも一緒にね!

スイスはチーズが有名なだけに家畜がいっぱいで、お料理はどちらかというとお魚よりもお肉が主流なのかしら。牛肉も美味しかったですし、豚肉もたくさんいただきました。特にハムをはじめとする加工肉は本当に美味しかったです。

スイスのチーズといえば、やっぱりグリュイエールが一番有名??

ということで、とある日は湖畔から離れて山に位置するグリュイエールの町にも行きました。湖畔の町とはまた雰囲気が変わり牧歌的な景色で、もちろん牛さんにも遭遇。

チーズの名前でしか知りませんでしたが、行ってみると素敵な古城もあって、見学すると中は装飾もされていて見ごたえも十分。

見てください。これはキッチン。当時の様子が伺えますよね。