最新記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
特集記事

6月のメニュー

こんにちは。

お料理教室Table Bourgeons...の和実です。

いつの間にか梅雨入りしていた東京ですが、どしゃぶりの雨の日はお庭の緑が深くなって嫌いではない私。

とはいえ移動時など普段の生活にはやっぱり厄介な雨ですが、今月はそんなジメジメした気分も吹き飛ぶようにさわやかなウェルカムドリンクをご用意いたしました。

紫しそサイダーでございます!

スーパーにもいま大量に並んでいる紫しそ。実は購入するのは初めて。

紫しそシロップにしてドリンクにしたり、梅干しの色づけなどにも使われるのが一般的のようですが、私はなんせ初めての購入なので、使うのも初めて。

袋に記載の作り方を参考にして初しそシロップに挑戦です。

時間がかかる果実のシロップと違って、煮出したらすぐに出来ちゃうところが私に向いている!

鮮やかなピンク色もかわいいし、酸っぱさが今の季節には元気を与えてくれます。自家製しそシロップを炭酸水で割って、無農薬のレモンの輪切りを浮かべて、はい完成!

簡単なので是非皆様もトライしてみてね。

材料

紫しそ    1p/c (葉っぱ約400~500g)

レモン汁  2個分

キビ糖  300g

はちみつ 200g

水      2l

作り方

①水2Lを沸かし、レモン汁を加える。

②水洗いしたしその葉を入れ、葉がしんなりするまで茹でる。(3,4分)

③お湯がきれいなピンクになっているのを確認し、葉を取り出す。

④砂糖とはちみつを加えて20分ほど煮詰めて完成。

煮沸した瓶に入れて冷蔵庫で保存してくださいね。

テーブルのお花は引き続き紫陽花を使用しておりますが、今週はブルーに。

先日の白色アナベルはお庭に咲いていたものだったのですが水上げが上手くいかず、元気がなくなってしまったので平たい花器に移動、、、センターのお花は色違いで新たにご用意いたしました。ブルーもキレイですね。

紫陽花は水上げが難しいのですが、花屋である姉直伝のアドバイスとしては茎を斜めにカットし、茎中心の白いワタの部分はえぐりとること。そしてもし、しなり始めてしまったら大きいサイズのバケツに首までつけて一晩おくこと。(切り口に新聞紙を巻いておくのもいいのだそう)

私もこの方法でしなり始めたアナベルはなんとか元気を取り戻しております。が、念のため平らな花器で首まで水に浸かった状態でサロンに飾ることにしました。

さて、お料理メニューはこちら。

Menu

-Mousse de Mais, Ceviche de Crevettes

とうもろこしのムース、赤海老のセビッチェのせ

-Calamars Poêlée, Sauce Tapenade

スルメイカ、タプナードソース

-Financier au Thé Vert

チェリーと抹茶風味のフィナンシェ

いつもはカンパーニュをお出ししているパンも、今月はメニューにあわせてバゲットをご用意しています。パンも皆様に好評を頂いており、レッスンをご希望いただいているのですがこちらはまだまだ研究中。引き続き研究を重ねて、いつかパンレッスンも開催できるようにしますね。

お料理の詳しいお話は次回に。

さて、今月のレッスンは空席がございました14日も本日で受付締め切りましたので、残すところ28日のみのご案内となりました。ご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

6月28日 残3席

ご予約はこちら

夏休み前最後のレッスンとなります7月のレッスンもお席残りわずかとなっております。ご希望の方は是非!!

7月12日 残3席(託児あり)

ご予約はこちら

今日も最後までお読みくださり、有難うございました。

ソーシャルメディア
タグから検索
アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square