最新記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
特集記事

九州ぐるり旅

こんにちは。

お料理教室Table Bourgeons...の和実です。

11月に入りましたね。

先日11月1日はLa Toussaintといって、諸聖人の日(万聖節)というフランスの祝日でした。お墓参りをしたり、ミサに出席したりと過ごすカトリックの方達も多く、ブログでもすでに綴りましたが、このLa Toussaintの前後2週間は、フランスの学校は只今2週間のバカンス中。

というわけで、我が家は先週家族旅行に出かけました。

先週で結婚10周年を迎えた私達。なので、いつもとは違う特別な旅行を企画したかったのです。

それで決行したのが、《キャンピングカーで九州ぐるり旅》。

子供達も初めてのキャンピングカーに大興奮。私達にとっても初めての体験です。

福岡空港でキャンピングカーをレンタルして、スタートした4泊5日の旅。

夜に福岡空港到着だった為、初日は福岡の脇田温泉にあるRVパークで就寝するのみ。

翌日はこちらの温泉を満喫してからのスタートとなりました。生憎の雨というお天気もあり、想像していたよりも寒く、温泉が有難い。

早速車を走らせ2日目の宿泊地へ向かう途中、雨にしょんぼりしていたら、偶然にも焼き物の郷「小石原」を通過。家族でろくろ体験をしてきました。

もともと長女は工作は得意分野なので、器用に湯呑みを完成。4歳の長男も、果敢にろくろに挑戦です。もちろん大人の手助けはあったものの、お茶碗を完成させました。その他、子供達は絵付け体験もしてみたり。

私は小鉢を、主人も湯呑みを作りました。粘土に触れているのがすごく気持ちよくって、みんな無になりながら制作していました。

2ヵ月後に焼き上がりが自宅に届くのが待ち遠しいです。

焼き物体験で上手く雨をかわした私達の、次の目的地は大分県九重町。

寒さは残るものの雨は止んだ3日目は、子供達も喜ぶ観光牧場でスタート。

東京ではまだポニーしか体験していなかった子供達は、馬の背の高さにびっくり。お兄さんお姉さんになった気分で、鼻高々の二人です。

長者原のたで原湿原はススキがキレイで、木々もあちこち紅葉が始まっていて、まさに観光シーズンでした。東京近郊だと、とにかく人の混雑がすごいですが、九州はどこものんびりしていて、自然を堪能できました。

4日目は今回のメイン観光のひとつ。阿蘇周辺。実は学生時代のお友達が阿蘇に住んでいて、20年ほど前に遊びに来たことがあったのです。いつか家族を連れて行きたいという思いがようやく実現。

黒川温泉に浸かったり、草千里ケ浜や、噴火口を覗くことができる中岳にも行きました。中岳はモクモクと煙が吹き出ている状態で、個人的にはエメラルドの湯だまりを見たかったのですが、自然相手ですもの。仕方がない。

九州の景色は都心部は別として、どこか牧歌的で本州とはやっぱり違う。今更ながら、本州はどれだけ田舎へ行っても、民家や工場などの建設物があり、だだっ広い景色は見られないんですよね。大自然の手付かずの平野を見渡すことができるのって、北海道と阿蘇地域くらいと、言われているそうです。

2016年の熊本地震は私達の記憶にもまだ新しいですが、実際九州各地ではあちこちで、災害の爪あとが残っており、地すべりの後や、復興が手付かずのままの建物などを目の当たりにし、改めて自然の脅威を思い知りました。

阿蘇での夜は20年ぶりの友人との再会も果たし、大満足。

友人は、熊本の南阿蘇フレンチレストラン《ラシュレ》をご夫婦で経営されています。

まさに彼女の地域も多大な被害を受け、現在は仮設のカフェを営んでいる状態。幸い、レストランの建物自体は大きな被害はなかったそうで、いづれは元の場所で営業再開予定のようです。一日も早く、元の生活に戻れるように祈るばかりです。

大変だったであろう経験も、プラス思考で前に前進する彼女。私も心動かされました。

皆様も阿蘇にお立ち寄りの際は是非、彼女のレストランもチェックしてみてくださいね。シェフのご主人も、数々のホテルやレストランで経験を積まれた方です!

ブラッセリーラシュレ

http://b-rassyurer.jugem.jp/

最終日の5日目はようやく晴天となりました。

訪れたのは、こちらもメイン観光のひとつ、宮崎の高千穂峡。

ネットでは早朝から並ぶと聞いていたのですが、平日だったこともあり、並ぶことなく開始時間から手漕ぎボートにも乗れました。

本当に神様が住んでいそうな佇まい。マイナスイオンも全身に浴びながらのお散歩。子供達は鴨やさかなにえさをあげることに夢中でしたが、神秘的な渓谷はやっぱり必見です。

ねらい目はやっぱり朝一番。もちろんボートの待ち時間を短くする為でもありますが、もしお子様達が鴨にえさをあげたいのでしたら、朝一番はたくさんのカモ達がお腹を空かせて寄ってきてくれます。でも1時間後は観光客にすでにたくさんえさをもらったカモ達はお腹一杯で、えさには目もくれず岸辺で日向ぼっこしていたから。。。 

お子様連れにはもうひとつお勧めなのが、高千穂あまてらす鉄道。過去に受けた自然災害(台風)の影響を受け、廃線になってしまった路線を、現在は観光用に開通している電車です。

電車が好きな子供の為にと思って訪れましたが、私も大満足。

なんといっても、通天閣と同じ高さに位置する鉄橋の上を、オープンカートで走行するのですから。

スピードはもちろんゆっくりですが、途中では停車して景色も堪能できますし、スタッフのおじいさん達のお茶目なアナウンスや、トンネルでのイルミネーション、シャボン玉などの小細工をしてくれているのが、可愛いいのなんの!

線路の上を歩いたり、なんて非日常も楽しみながら、親子で満喫のスポットでした。

そんなたのしい九州旅行でのお食事はというと、観光地とはいえ田舎です。夜まで営業しているお店を探すのが結構大変でした!

酪農が盛んな九州だけに、肉食に偏ってしまいましたが、「くまもとあか牛」をはじめ、「高千穂牛」などたくさんのブランド牛を堪能しました。赤身なのに柔らかく、味も濃厚でした。

宮崎ではご当地グルメの「チキン南蛮」もしっかり注文! なかなかラーメン屋さんに出会えず、結局出発前ぎりぎりに空港でなんとか制覇。

その土地のものをいただくのって旅行の醍醐味でもありますよね。フランス人の主人からすると、「日本人は食事のことばかり考えている」とか「テレビ番組も食べ物ばかり」なんて日ごろから言いますが、やっぱりその土地のものを味わいたいですよね。

さて、食欲の秋に突入しましたし、子供のバカンスと共にお料理教室のお休みも今週でお終い。

来週より、11月のレッスンがスタートいたします。

今月も旬の食材を取り入れつつ、家庭で出来るフレンチをご用意しております。

前菜はきのこのポタージュ、メインには鴨肉を使ったパイ料理。デザートはりんごたーっぷりのタルトタタンです。

キャンセルや変更により、空席状況がすこし変わっております。

これからご予約をご検討されている方は下記をご覧の上、お申し込み下さいませ。

お申し込みはこちら

11月の空席情報

6日 満席

9日 残2席(託児あり)

13日 満席

16日 満席

20日 残4席(託児要相談)

27日 残4席(託児要相談)

12月7日にはシュトーレンのX'masスペシャルイベントのレッスンがございます。

こちらもあわせてご覧下さいませ!

詳細、お申し込みはこちら

今年はシュトーレンの販売もしております。すでにご注文も頂き始め、仕込みも開始しました。仕込みのドライフルーツがなくなり次第、販売終了となります。

Stollen(小)約190g 1500円(税込、送料別)

Stollen(大)約380g 2800円(税込、送料別)

どちらも箱入りです。贈呈用にもご利用頂けます。

今年一年お世話になった方々へのプレゼントにいかがですか?

ご購入をご希望の方は、こちらからお問い合わせ下さいませ。

最後までお読みくださり、有難うございました。

ソーシャルメディア
タグから検索
アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square