最新記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
特集記事

ガレットデロワ

1月6日はカトリック行事の公現祭でした。フランス語ではL’Épiphanie(エピファニー)。

子供達は行事の意味を理解していないものの、この日を楽しみにしていました。

この公現祭に頂くガレットデロワという、パイ生地の伝統菓子を待ちわびていたのです。このガレットデロワ、味もシンプルで美味しいのですが、ちょっとしたゲームをしながら頂くのが特徴。

ケーキの中に、陶器製のフェーブという《当たり》が隠れているのですが、これがあたった人は王様になれるというゲーム。

まずは人数分にケーキをカットします。その中身が見えないように最年少の人はテーブルの下で待機しながら、順番に誰の一切れかを決めていきます。そして、全員に配られたらみんなで一斉に「いただきまーす」。

フェーブがあたった人には王冠も与えられ、誰か一人女王様を指名できるのです。

フランスでは1月中はケーキ屋さんはもちろん、スーパーやパン屋さんでも売っていて、王冠も付けてくれます。日本でも随分販売するお店が増えましたね。残念ながら日本では、法律によりお店で販売するものに食品以外のものを入れることが出来ず、陶器のフェーブもその対象に。。。大抵のお店では対策としてフェーブの代わりにアーモンドが入っていて、陶器のフェーブは別添えです。なので本場流に、陶器のフェーブを忍ばせられるのは手作りならでは!

我が家は今年は長男が王様になり、長女が女王様に選ばれました。

クリスマス飾りのクレッシュもいよいよクライマックスです。クリスマスに誕生したイエスキリスト様のもとに、東方の3賢者達がやってきました。

公現祭までクレッシュを飾っているおかげで、どうしてもお正月気分が半減してしまうのが《玉に瑕》と感じているのは私だけでしょうか??

お料理教室Table Bourgeons...では、今月15日と19日にガレットデロワのイベントレッスンを開催いたします。参加者にはガレットのお土産付きです。もちろん中には陶器製のフェーブ入り。王冠もお付けしておりますので、ご家庭ですぐにゲームも出来ちゃいます!

レッスンではパイ生地の折りかたもお見せいたします!お菓子だけでなくお料理にも使用できるので、レパートリーも広がります。

イベントレッスンの詳細はこちら

コースレッスンは12日、16日のみ空席あります。ご予約はこちら

皆様のご参加お待ちしております!

さて、お正月休みもそろそろ終盤ですね。子育て中のママさん達、あともうちょっとで始業式です!!頑張って乗り切りましょう~。

ソーシャルメディア
タグから検索
アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square