最新記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
特集記事

梅雨の季節到来

こんにちは。

お料理教室Table Bourgeons...の和実です。


6月も中旬に差し掛かり、とうとう梅雨入りした東京。

梅雨らしい雨に見舞われたかと思えば翌日は32℃まで上昇したりと、空模様が忙しい今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。


夏日が数日続き、我が家は梅雨明けを待てずにとうとう先日プール開きとなりました。


「東京アラート」も解除され、皆様も徐々に日常生活に戻る目途が立ち始めたといったところでしょうか?


我が家はリモートワークや自宅学習が引き続き行われているので、解除後も生活スタイルにあまり変化はありませんが、旬の食材ががらっと入れ替わったおかげで、食卓からも季節の変化を感じております。


初夏の訪れを感じる食材の一つにはルバーブがあります。5月中旬から出回り始め、秋まで収穫されるルバーブは、梅雨時期が一番美味しいともいわれているそう。日本ではまだまだ珍しい食材ですが、ヨーロッパの気候に近い寒冷地で栽培されています。

スーパーでも時々見かけることもありますが、物がなかなか安定しないので、昨年からは農家さんに直接オーダーしています。今年も3㎏のルバーブでジャムを仕込みました。



じめじめする梅雨は食欲不振やだるさを感じますが、この真っ赤な色が視覚的に元気をくれますし、ルバーブの特徴的な酸っぱさは食欲もアップしてくれます。


その理由はしっかり栄養値に表れていて、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富。抗酸化作用や、整腸作用があるので、デトックス効果やアンチエイジングの効果をもたらしてくれるのは女性には嬉しいかぎり!


朝食時にトーストに塗って食べるのはもちろんのこと、炭酸水で割ってドリンクにするのもおすすめ。私はシンプルなシフォンケーキに合わせて。シフォンケーキは季節的にさっぱりとヨーグルト&オリーブオイルで仕上げ、ジャムの風味が活きるようにしてみました。



甘味だけでなく、食卓にのぼるお野菜だって夏バージョン!

先日生徒さんから教えていただいたばかりの埼玉県深谷産のとうもろこし《味来/みらい》が最近のお気に入り!!教えて下さったYさん、有難うございます!


すんごく甘くてはじけんばかりの実はみずみずしくて、それでいて加熱すると柔らかくて、一口食べた途端お気に入り認定。まさに夏を感じながらかぶりついております。



トウモロコシは昨年の今頃、レッスンではムースをご紹介しましたね。私自身も今年はまだ作っておりませんが、私と同じように忘れていた方は是非レシピを引っ張り出してきて、今年も作ってみて下さいね!



暑くなってくると、火口の前に立つのが億劫になることも。そんな時はオーブンに入れっぱなしのお料理が重宝しますよね。


今日はそんなお料理の一つ、キャロットロティをご紹介。

シンプルに人参をオーブンでローストし、野菜本来の甘みを凝縮させた一皿です。


材料もシンプル。

人参       適量

オレンジ     1個

クミンシード 一つまみ

ニンニク   ひとかけ

オリーブオイル 

パクチー     少々

ナッツ    一つまみ

塩、コショウ

① 人参は皮を向き、ミニキャロットの場合はそのまま、大きいサイズのにんじんは火が通りやすくなるようにミニキャロットのように細長くカットする。オレンジは皮を向き、半分は輪切りにスライス、半分は果汁を絞っておく。ニンニクは皮を向き、芽を取り除いたらスライス。

②オーブン皿に人参と輪切りのオレンジを並べ、にんにくのスライスを散らす。オリーブオイルを上から全体にかけ回し、一つまみのクミンシードをパラパラふりかけ、180℃のオーブンで加熱。

③20~30分を目安に加熱し、ニンジンに竹串を刺して柔らかくなっているのを確認したら取り出し、オレンジの果汁を振りかけ、仕上げ塩(Fleur de Sel/ 塩の華がおすすめ)、コショウで味付けし、粗みじんにしたナッツとパクチーを振りかけて完成。

お好みで、仕上げにクルミオイルを垂らすのもおすすめです。

撮影時のナッツはカシューナッツですが、クルミでもアーモンドでも構いません。

お肉やお魚料理の付け合わせにも、もちろん前菜として単体でもお召し上がりいただけます。

さて、今週末は父の日。

私は母の日同様に、また実家にフレンチを宅配しようかなと思っています。その内容はまた次回のブログで綴りますね!



今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。




ソーシャルメディア
タグから検索
アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square