ママ業お休み

こんにちは。

お料理教室Table Bourgeons...の和実です。


連日コロナウィルスの話題ばかりではございますが、そんな中私はママ業を暫しお休みして、女子旅へ行って参りました。


時は少しさかのぼり2月21日金曜日、バカンス前日の最終登校を控える子供たちを東京に残し、お友達3人で沖縄へ!

朝便のため子供が目覚める前には家を出発するということもあり、それまで平気そうだった子供たちも前夜はちょっぴりセンチメンタルになってはいたものの、それぞれに手紙や工作を用意して送り出してくれました。


まずは那覇へ降り立った足で牧市公設市場へ。

残念ながらただいま整備中のため仮設市場にて縮小バージョンの営業だったのですが、それでも独特なアジアンな雰囲気は建物に入った途端感じます。お店の方の彫りの深さやセンスも本土とは少し違うし、特徴的な匂いがありました。あの匂いは何処から漂っていたのでしょう。。。多分お漬物コーナーだったのかなと思うのですが、島ラッキョウのお漬物やパパイヤのお惣菜などが並び、試食もさせてもらえます。

鮮魚コーナーも十数件あり、南国ならではなカラフルなお魚に巨大な貝やエビは見ごたえあり。


一階のお魚屋さんで購入し、2階の食堂で調理してもらうというシステム。鮮魚を購入しなくても2階の食堂では一通りのメニューが食べられるのですが、折角なので私たちは夜行貝とマングローブガニを調理してもらうことに。サイズによっては一つの食材で2通りの調理法で食べさせてくれるのも嬉しいポイント。

夜行貝は特大サザエの見た目で、味や食感は柔らかく繊細なアワビのような感じ。私たちは半分はお刺身で、半分はガーリックバター炒めで頂きました。

マングローブガニは、魚屋さんおススメの食べ方のしょうがとネギの餡かけでいただきましたが、みそや卵もたっぷり詰まっていて美味しい~!手が餡でベタベタになりながらも無心でしゃぶりつきました。


みんながはまってしまったモズクの天ぷらなど、その他諸々の沖縄料理も堪能し腹ごしらえをして、そのあと向かったのは焼き物で有名なやちむん通り。


伝統的な焼き物ばかりでなく若手作家の食器もたくさん並び、普段の生活に取り入れやすいものもたくさんありました。今回はお友達へのプレゼントのみの購入にとどまりましたが、食器を眺めながらどんなお料理を盛り付けるかを想像するのって楽しい!


お宿を目指し車を走らせ、途中絶景ポイント《万座毛》でちょっぴりのんびりウォーキングしながら今宵のお宿はブセナテラス!



開放的なオーシャンビューのロビーを抜けて、ウェルカムドリンクで乾杯しながらテンションアップ。しかも当日お誕生日だったお友達へホテルからシャンパンのボトルプレゼントや、リピーターへの心遣いなどなど、粋な計らいはさすが高級リゾートならでは。



お揃いの上下真っ白のリラックスウェアに包まれ、頂いたシャンパン片手にお誕生日パーティーのはじまりです。



この何も写せていない写真をご覧いただくと私たちがどんな夜を過ごしたのかは、なんとなくご想像がつくのでは、、、、ケラケラ笑って就寝となりました。


翌朝は貸し切りのビーチ散策に大満足の朝食ブッフェで、気持ちのいいスタートをきったら、車を走らせてさらに北上し、今帰仁城跡やティーヌ浜などを散策。シーズンオフならではのゆったり感も相まって気持ちがいい。




ティーヌ浜では磯遊びできそうなスポットも発見!よく見るときれいな魚も泳いでる!

ここは子供たちも喜びそうだな~と、ふと留守番中の子供たちを思い出しながら。



ランチタイムは森カフェ《cafe ICHARA》でマイナスイオンをたっぷりチャージ。やんばるらしい植物が圧巻でした。


雰囲気重視のカフェかと思いきや、意外にもオーダーしたカレーは満足のお味!ナンももちもちで、お店で手作りされているというのが一口で分かる美味しさ!お店の方失礼いたしました。。


ここで私たちはタイムオーバーでしたが、まだまだ北部も見どころがいっぱいそうなので、次回のためにとっておきます。


那覇へ戻った2日目の夜は、首里城近くにある古民家で琉球料理をいただけるレストラン《あしびうなあ》へ。お庭も素敵で最高のロケーションでした。偶然この日はお庭で三線の演奏もあり、ほんとにラッキー!!


単品メニューもありましたが、少しづつ色々いただけるお膳をチョイス。縁側のこたつに入りながら、沖縄らしいひと時でした。



そして道の駅でこっそり購入していたシーサーパックをみんなでしながらこの日もケラケラ笑って2日目終了!



そして早くも最終日の3日目。

時間がもったいないとばかりに早起きして金武町にある億首川を目指します。

今回の旅行で個人的にやりたかったことの一つであるマングローブ林でのカヤックをするために、みんなを巻き込んで!

足やお尻は100%濡れると事前に聞いていたので季節的に心配しましたが、お天気にも恵まれ、全然問題なし。むしろ終わるころにはじんわり汗ばんでいるくらいでした。小さなお子様も一緒にできるくらいですし、ガイドさんに従って初心者の私たちもすぐに操縦できました!! 

途中ガイドさんが植生物の説明をしてくれたり、写真もいっぱい撮ってくれたりとサービスもいうことなし。



ガイドさんにマングローブが発芽するためには過酷な試練があることを聞いた矢先、まさに上手く地面に着地できなかったのであろうマングローブの種を発見。