top of page

フランス紀行 vol.1

フランスからボンジュール!

お料理教室Table Bourgeons...の和実です。


7月下旬でお教室は一旦お休みをいただき、只今夏休み中。今年もフランス帰省をいたしました。


今まで帰省の際は決まって日本の航空会社を利用していた我が家。子供が小さかったことから直行便に限定していたことと、ほかの飛行機よりも足のスペースが若干広いという主人の調べをもとに、JALやANAを好んで利用しておりました。がしかし、昨年から止まらぬ航空券の値上がりに、ついに今回浮気することとなったのです。値段はもちろんのこと、乗り継ぎの時間なども考えて選んだのはベトナム航空。確かにこの夏私の周りでは多くの家族がベトナム航空をチョイスして帰省していますが、ただの偶然ではないでしょう。



遠回りする経路なのでもちろん時間はかかりますが、子供もすっかり成長したので乗継便もそこまで苦に感じませんでした。あえて言うならば、日本からホーチミンまでの飛行機はかなり古い機体だったのでテレビもなく座席もいまいちでしたが、幸い6時間ほどの短いフライトでしたし、携帯やタブレットでゲームやドラマなどをダウンロードしていたので、テレビがなくとも各々好きに時間をつぶすことができました。このあたりの準備はやはり必須!


そんなこんなで今年もやってきたフランス。到着して私たちを出迎えてくれたのは灰色の空。生憎のお天気なので肌寒いくらいです。ヨーロッパらしいお天気とも言えますが、ここ数年はフランスも猛暑だったので私も油断しており、2着しか持ってこなかった長袖とカーディガンをフル回転させながらしのいでおります。


まずは帰省の基盤となるロワールでの様子を綴りたいと思います。


ロワールで過ごす日々のほとんどは主人はテレワーク。子供たちは家のプールで十分満足。義理の両親はというと、それぞれ日曜大工をしたり家事をしたりと、あくまでも彼らの日常がそこにはあります。私は外へ出かけたいので率先してマルシェへ買い出しに行ったり、娘を乗馬レッスンへ送り届けたり、ご飯作りを担当したりと、結局のところ国は変われど、していることといえば何ら変わらぬ日常を過ごしております。

国際免許を取得したので車は運転出来るのですが、ランチやディナーの準備など何かと時間の縛りがあるとなかなか遠出も出来ないのが現実。田舎での私のアクティビティは専らサイクリングです。



基本的には一人でふらっと自転車で出かけてしまいますが、とある日はお出かけモードではない長男をポケモンGoの「ポケモン探し」でなんとか釣り、サイクリングに誘い出しました。



村から村へは畑が広がるだけの一本道。道中シカや野ウサギ、キジを探しながら向かった先はタルシー城。


家から一番近いこのタルシー城は、沢山あるロワールの古城の中ではとりたて注目されることのないお城ですが、小さいながらも室内は家具で装飾されていますし、きれいに整備された庭園や菜園に果樹園、牧場まであります。程よいコンパクトさが、逆に退屈しがちな子供にもちょうど良い。

季節がよければお城で収穫されたフルーツや木ノ実を、訪問客に「ご自由にどうぞ」と用意されていることも!この日は私達の大好きなミラベル(小ぶりのプルーン)が置かれていたものですから、思わずテンションが上がりました。



食堂での見学では、テーブルセッティングも興味深かったです。



よく見るとフォークの先が下向きになっていますね。これがフランス流と言われていますが、クロスが痛むという理由などから最近では上向きにすることも多く、私もいつも上向きでセッティングしています。


このタルシー城の中庭には鳩小屋があります。鳩小屋は当時、裕福さを示すアイテム。県一の大きさを誇るとあって見どころの一つでもあります。中を覗くと陶器の鳩さんがいっぱいで、鳥が苦手な私は偽物と分かっていてもゾッとしてしまいました。



ちなみに飼われていた鳩たちは伝書鳩としてという私の想像は外れ、食されていたのだとか。さすがおフランス。


お城までは自転車で片道40分ほどのサイクリングコースでしたが、帰りは何故か途中から舗装されていない畑のあぜ道に迷い込んでしまって迷子に!自転車も漕げないほどのでこぼこ道なうえ、終わりの見えぬルートに途方に暮れてしまい、最終的には義母に長男を車でピックアップしてもらう羽目になりました。


道に迷ったせいでランチタイムに大幅に遅れてしまったうえに、義母が準備してくれていた"豚のロースト"に火が入りすぎてしまって、義母の機嫌を損ねてしまいました。


ごめんね、お義母さん。


そんなこんなでしょっぱなから一悶着ありのスタートとなりましたが、気を取り直して残りのバカンスを楽しもうと思います。



ではまた次回のフランス紀行をお楽しみに!









Kommentare


最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page