11年ぶりの再会

こんにちは。 お料理教室Table Bourgeons...の和実です。 週末からフランス学校は秋のバカンス。 9月から新学年が始まったばかりなのにもう?というのは私だけでなく、周りのリセ(フランス人学校)ママたちの本音なのは間違いありません! そんなこんなで賑やかにスタートした我が家に追い討ちをかけるようにフランスから両親も到着で、てんやわんやしている嫁でございます。 色々家族行事のことも綴りたいところですが、今日は先週うかがったレストランについて綴りたいと思います。 皆様Cook Japan Projectというのはご存知でしょうか? コレド日本橋で、入れ替わり立ち代り世界のシェフたちが期間限定で食事提供をするイベントです。 すでに何人ものシェフがイベントを行っているのですが、先週は香港からフランス人シェフが来日していました。 彼の名は《Maxim Gilbert / マキシム ジルベール》. 実は彼は元同僚。なんて書き方をしたら少しおこがましいですが、私がパリのムーリスホテルで仕事をしていたときに一緒だったのは本当の話。私の直属の上司でしたがまだまだ若い料理人で身近な存在だった彼。当初から仕事は真面目で手先も器用で。それでいて人間関係はわりと日本人的なところがあり、シェフの顔色を伺いながら無理な指示にも文句一つ言わずにこなしていたり、部下の面倒見も良かった記憶があります。 彼のその日ごろの努力はしっかり結果につながり、ムーリスでもスーシェフにまで昇りつめたそうです。 私はというと、ムーリスに勤めてから2年経つか経たないかくらいで日本に帰国が決まったので彼とはそれ以来あって

10月のメニュー

こんにちは。 お料理教室Table Bourgeons...の和実です。 急に冷え込み始めた今日この頃。この気温差にやられたのは子供達だけではなく私も少し風邪気味。。いつも予定を詰め込む性質の私ですが、今日はおとなしくお家で一日中過ごすと決めました! まずはパソコンに向き合い、ブログ更新! ということで、今日は今月のメニューをお写真と共にお披露目です。 Menu -Tarte de Samma Confit, Duxelle du champignons 秋刀魚のコンフィ、タルト仕立て -Fricassee de Poulet aux Champignons 鶏肉ときのこのフリカッセ -Sabayon du Fruits d'Automne 秋の味覚のサバイヨン ご覧の通り、秋を意識したラインナップでございます。 まずは前菜から。 お写真を見ると、ちょっとよそ行きなおもてなし料理に仕上がっていますが、コンフィ自体はすごく簡単でとても家庭的な一品です。 簡単に言ってしまえば、「秋刀魚の缶詰」のような仕上がり。だから日常使いできるお料理ですし、ちゃんとオイルにつけておけば日持ちもします。 我が家でも普段はこんな感じで家族に提供しています。オイルにはしっかりニンニクやハーブの香り、そして秋刀魚の風味が移っているので、捨てるのは勿体無い!パンに浸しても良し。オイルベースのパスタのソースに使っても良し。 イタリアではオリーブオイルをパンにつけて食べたりしますが、実はフランスの文化にはない習慣。ですが、そんなうんちくを言いつつもパンにたっぷりオイルを含ませて食していたフランス人夫でございま

10月レッスンスタート

こんにちは。 お料理教室Table Bourgeons...の和実です。 先日の火曜日8日が初回となった10月のレッスン。 準備をしていた前日の午後、学校からの電話。 ふとよぎった嫌な予感は的中し、長男が高熱との連絡がありました。 初回は5名様のご予約。そしてすでに材料も買出し済みだったけれど、残念ながらキャンセルはやむ終えないと半ば諦めていたのですが、シッターさんのご協力のもと、そして託児の生徒様がお日にち変更に応じていただき、なんとか開催にこぎつけることが出来ました。 皆様にご心配をおかけした息子はというと、翌朝にはお熱も下がりすっかり元気!ですが学校のルールで発熱から24時間は通園できないことになっている為、当日息子はシッターさんにお願いして、レッスンを開催させて頂きました。 息子は元々シッターさんが大好きなので、彼女を独り占め出来て大喜びの一日を過ごしました。 1階のお教室では10月ということでハロウィンを少し意識して。 かぼちゃをあしらっていますが、その他は落ち着いた色合いにして大人の為のシックなハロウィンという感じ。 センターのお花はワレモコウとユーカリをメインに、オアシスに挿しています。 秋の野原をイメージしてみました。自然に自生している姿を計算しながら作り出すのは、簡単そうで難しい!TB専属フラワーデザイナーからのアドバイスは高低差がキーポイントでした。 テーブルクロスも花器も蜀台も、そしてロウソクまでもダークなトーンで。 このロウソク。実は蜀台とサイズが全く合っておらず、ロウソクが細すぎてまっすぐ立たない!!どうしようか悩んだ結果、子供の油粘土を少し拝借して接

イベント終了

こんにちは。 お料理教室Table Bourgeons...の和実です。 今週から10月に入ったというのに、我が家はまだプール遊びに勤しむ子供達。 通りすがりの子供達の羨む声が聞こえたかと思うと、ご近所さんの冷ややかな視線を垣根越しに感じつつも、お構いなしの我が家でございます。 さてさて、お教室では先日久々のイベントを開催いたしました。 《ヨガ&フレンチランチ》という内容で行われたこのイベントもお蔭様で満席御礼となり、盛況のうちに終了いたしました。 今日はそんなイベントのリポートです。 この日はいつもとは違って、お料理はデモンストレーションはなくお食事提供のみ。というわけで私は前日に仕込める部分と当日朝に仕上げるものに分け、一人黙々と準備をいたしました。 メニューはこちら ーSoupe de Poisson, avec ses rouilles 魚のスープ、ルイユと共に ーPoulet au Citron Confit 鶏肉のレモンコンフィ煮 ーBlanc Manger au Coco ココナッツ風味のブランマンジェ レッスンで過去にご紹介したお料理ですが、今回ご参加の皆様には初お目見えとなるようにお料理をチョイス。そしてご褒美ランチといえども、少しヘルシーを意識したラインナップとなっているのも、このイベントの特徴です。 せっかくヨガで代謝を良くして老廃物を出したのに、そのすぐ後に高カロリーなランチを摂取したら元も子もないですものね。 サロンはというと、家具の配置をがらりと変えて我が家のリビングを最大限に活かしたヨガスペースへと様変わりです。 少しでも気持ちよく過ごしていただけ

​更新情報

Please reload

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Instagram Social Icon
  • Facebook Basic Square