ヨガレッスンリポート

こんにちは。 お料理教室Table Bourgeons...の和実です。 先日イベント企画の《ヨガ&ヘルシーフレンチ》が終了いたしました。 今日は、そのリポートをこちらでご報告。 毎回お世話になっているAika先生のもと、90分たっぷりのヨガからスタート。 私もですが、皆様夏の疲れが残っていたようで、体のあちこちが悲鳴をあげていた様子。そんな私達を先生のサポートを頼りに、ゆっくりじんわりと解していきます。 日常生活では普段意識しない部分の筋肉や筋などに触れると、血流が悪くなっていたり、コリコリ硬くなっていたり。。。 毎回、自分の身体と向き合える大切な時間です。 解すだけでなくバランス感覚を鍛え、しっかりインナーマッスルにも効くポーズなど、盛りだくさんのプログラムを行い、いよいよランチタイム! テーブルコーディネートはこんな感じ。秋色コーデです。 まずは、自家製梅サワーで乾杯~! そしてメニューはこちら MENU -Carotte Râpée, Rillette de SANMA キャロットラペ、秋刀魚のリエットと共に -Carrelet Poêlé, Sauce Ravigote カレイのポワレ、ラビゴットソース -Gelée de Pêche 桃のゼリー 前菜のキャロットラペは、先日ブログでもご紹介しておりましたカカオ二ブをたっぷり振りかけて。 (カカオ二ブについては、一つ前の記事”スーパーフード”をご覧下さいね。) そのサラダに添えたのは脂がのってきた秋刀魚をリエットにして、カナッペでお出ししました。 リエットは、魚の場合骨の処理があるので、手間はかかりますが、お魚を手軽に

スーパーフード

こんにちは。 お料理教室Table Bourgeons...の和実です。 皆さんも、最近よくスーパーフードという言葉、耳にしませんか? モデルさんたちがこぞって健康や美容のために摂取し始めたのをきっかけにブームが始まり、今ではたくさんのスーパーフードが出回っています。 今日はその中のひとつである、カカオ二ブをご紹介いたしますね。 カカオ二ブは9月のレッスンでも使用したので、生徒の皆様には実際に手にとって、味わってもらいました。なかなか皆さんの反応も良く、早速ネット注文されている方もいらしたくらい、気に入っていただけた方も多かったのではないでしょうか。 さて、そのカカオ二ブ、チョコレートの材料であるカカオ豆を砕いて焙煎したものなんですが、食べるとポリポリという食感。味は甘さは全然なく、ナッツのような香ばしさのあとにチョコレートを彷彿させるカカオの風味が広がります。 甘くないので、お菓子にはもちろんお料理にも使える優れもの。 気になる成分ですが、抗酸化作用をもつポリフェノールやカテキンが含まれているので、老化防止や紫外線からも守ってくれますし、食物繊維も豊富。 そして、イライラを抑えたりリラックス効果もある、アナンダミドやマグネシウムも含まれているそうです。 美肌やデトックスにリラックスなど、女子には嬉しいことばかりでしょ?? 9月のお料理レッスンでは、デザート「ピーチメルバ」のトッピングに使いました。 今週金曜に行うヨガ&ランチでは、前菜にキャロットラペをお出しする予定ですが、こちらにもカカオ二ブをトッピングに使います。にんじんのオレンジに補色の茶色が映えて見た目も良し! そして

小トリップ in Hayama

こんにちは。 お料理教室Table Bourgeons...の和実です。 昨日はお月見でしたね。 皆さんはきれいなお月様ご覧になられましたでしょうか?? 私はすっかりお月見だったということを忘れていました。 フランスの行事も子供達に伝えるようにしていますが、日本の文化もしっかり伝えたい。と思っているのに、なぜか毎年スルーしてしまう十五夜。。。。 来年こそは!! そんな私達はこの連休、葉山へ小旅行しておりました。 主人が海好きなこともあり、よく湘南方面へは行くものの、日帰りとなると渋滞に巻き込まれ、江ノ島や逗子止まりが多い私達。今回は2泊だったので、さらに車を走らせ、葉山や佐島まで行ってきました。 距離的にはさほど変わらないのに、海のきれいさも全然違うし、人混みもずいぶん緩和されていて、自然を満喫できました。 今回は特に、秋谷の立石海岸で子供達と磯遊びに没頭。 小さいですが海老やカニ、ヤドカリやウニ、そして魚もしっかり捕獲成功!最初はドキドキしていた子供達も最後にはお魚も素手で触っていました。 9月後半とはいえ、まだまだ海水浴も楽しめましたし、シュノーケルではお魚も見れましたよ! 食事ももちろん海沿いで。 インスタ映えしそうな今どきなレストランにもお邪魔しました。 佐島のMARINE & FARMさんへ。 とにかくロケーションがサイコーで、開放的なテラスでは船でお食事している気分です。 子連れにも優しかったですし、待ち時間があった場合も、順番になれば電話で呼び出してくれるので、すぐ近くの海岸をお散歩しながら待つことも出来ます。これも子連れには嬉しいシステムですよね。 お料理のお写

秋の気配

こんにちは。 お料理教室Table Bourgeons...の和実です。 今週末は秋分の日。 朝晩は随分過ごしやすくなり、少しづつ秋の気配を感じるようになりましたね。 デコレーション用に購入したアワも、初めは青々としていたけれど、徐々に枯れてきたので、ドライにしてみたら一気に秋色に。 我が家の設えも秋バージョンに変わりつつあります。 さて、今月のレッスンでお出ししているデザート、ピーチメルバ。 桃をシロップで煮てコンポートにすることから作業は始まります。今回のデザートでは、仕上がった果肉のみを使い、シロップは使用しないのですが、桃の香りはもちろんのこと、風味付けのためにいれたバニラやレモンの味もしっかり出ているので、このまま捨てるのはもったいない! ということで、このシロップを使って皆様にピーチティーをお出ししています。 いつもは食後にお出ししておりましたが、今日のレッスンでは、生憎の雨で気温も涼しいくらいでしたので、予定していた梅サワーのウェルカムドリンクを、急遽このピーチティーに変更です。 お紅茶でも試してみましたが、個人的にはルイボスティーをベースに作るのがお勧め! いつものようにお茶の葉にお湯を注いだところに、フレッシュの桃を一緒に入れます。10分ほど蒸らして香りが移るのを待って、コンポートの副産物であるシロップを注いだら完成です。 甘さはシロップの量で加減してくださいね。 ちなみに、ルイボスティーは老化防止に効果のある酵素が入っていたり、鉄分やカルシウムなども豊富なので、女性にも嬉しい美容茶!しかもカフェインゼロですので、小さなお子様にもお飲み頂けます。シロップで甘み

9月のメニュー

こんにちは。 お料理教室Table Bourgeons...の和実です。 今日は、先日よりスタートしております今月のレッスンのお料理内容をご紹介しますね。 (テーブルコーディネートは前回のブログ「9月レッスンスタート」の記事をご覧下さいね。) Menu -Cake Salé, Salade Verte ケークサレ、サラダ添え -Carrelet Poêle, Sauce Ravigote カレイのポワレ、ラヴィゴットソース -Pêche Melba ピーチメルバ お写真はこちら まずは恒例のウエルカムドリンクの乾杯でレッスンスタート。 今回は自家製うめシロップを使って、梅サワーです。お庭のタイムも浮かべてさっぱりと。 これからは季節も変わり、涼しくなってくるでしょうから、来月からはホットドリンクでおもてなししたいなと思っているので、サワーをお出しするのも今年最後かな。 前菜のケークサレは、日本語に訳すと「塩味のケーキ」。 その名のとおり、おかずになるパウンドケーキなんです。 今回のように前菜としてはもちろんのこと、フランス人は人が集まると必ずといっていいほど、アペリティフといって食前にアルコールを飲みながら軽くつまむのですが、このケークサレも、おつまみとしてよく登場します。 好きなように切り分けられるので大勢のパーティーにも便利ですし、具も自由自在にアレンジが利きますので、重宝するレシピです。 最近はどうやら日本では朝ごはんとしても食されているそうですが、フランス人は朝はとってもシンプルな朝食スタイル。特に平日はコーヒーにパン、またはシリアルで簡単に済ませてしまう人が大半で、パ

9月レッスンスタート

こんにちは。 お料理教室Table Bourgeons...の和実です。 さて、先日より今月もレッスンを開催させていただいております。 なんといっても、なが~い夏休みを頂いた後のレッスンです。 体が鈍ってはいないか、ミスの連続にはならないかなど、ドキドキしながらのスタートでしたが、、、、 はい。鈍っておりました! まず材料の買い忘れがあり、朝一で買出しに走ったり、説明する言葉もどこかたどたどしいこころもあったのでは?? とはいえ、皆さんの温かい見守りに助けられ、レッスンも無事成功し、お料理も失敗なくご提供させていただきました! 今月のテーブルコーデのテーマは、《夏の名残り》と題して、終わりゆく夏を最後まで 楽しんでもらおうというコンセプト。 テーブルもこんな感じ。 センターには各地の海岸で拾ってきた白砂や貝殻でキャンドルを並べたり、ナフキンにも貝殻を巻きつけてアクセントに。 せっかくですので、貝殻にゲランド産のお塩も入れてテーブルに。 グリーンはなんと『猫じゃらし』を筆頭にすべて近所で探したもの。いわゆる雑草と呼ばれるこの子達、名前すら分からない植物もありますが、夏の終わりならではの花穂が、季節感をいい感じに表現してくれます。特に猫じゃらし(正式名:エノコログサ)は、海岸にもよく自生するので貝殻や白砂との相性も抜群! 庭仕事をするものとしては、こういった雑草が憎らしく思うときももちろんありますが、彼女達も立派な植物。とあるフローリストが、昔は空き地で自然に生えていた雑草たちが、都会化する日本からどんどん姿を消し、ついには市場で出回るようになってしまったと嘆いていたのを思い出しま

新学期スタート

こんにちは。 お料理教室Table Bourgeons...の和実です。 今月は新学期スタートの月でしたね。 子供達だけでなく、親も規則正しいリズムに戻すのが大変ですよね。 2週間が経ち、ようやく落ち着いたころでしょうか?? さて、子供達の通うフランス人学校では新学年の始まりでもある9月。 この時期には、放課後に行われる課外授業の申し込みも始まります。基本的には連絡はすべてメールでのやりとりで行う学校ですので、申し込みももちろんインターネットから。 毎年恒例ですが、人気なお稽古は申し込み日時ぴったりからほんの数分で定員になってしまうので、親は開始前からスタンバイし、パソコンやスマホを何台も駆使して申し込みに挑むのです。まるで人気アーティストのコンサートチケットでも予約するような意気込みなんですが、本当に接戦で、一秒をも争う一大イベント。一斉に申し込むものですから、もちろんネット回線もパンク状態! それが、まさに今週繰り広げられているのですが、今日はそのお稽古について。 人気のお稽古は、女の子ではバレエ、男の子には合気道。サッカーももちろん人気なのですが、募集枠も多いので意外と確保できるお稽古。 そして、他にフランス人学校ならではのお稽古が色々あって、Théâtre(テアトル/芝居)や、Comédie Musicale(コメディーミュージカル/ミュージカル)も大人気。学年末には発表会と題して、保護者や友達の前で舞台にも立ちます。もちろん芝居やミュージカルはフランス語で行われるので、フランス語強化はもちろんのこと、人前で表現する力も付きますよね。 恥ずかしがりやさんの娘にもミュージ

自然のちから

こんにちは。 お料理教室Table Bourgeons...の和実です。 ここのところ、日本各地で自然災害が続いておりますが、皆様はご無事でしょうか。 被災された方には、一日も早く日常が戻りますことをお祈り申し上げます。 ニュースを見ていても、どこか客観的にとらえ、ついつい自分には関係ないかのように感じてしまっていましたが、実際には出身地の大阪でも実家をはじめ、友人がライフラインの確保に困ってたり、お教室に通ってくださる方には北海道出身の方もいらっしゃったり。身近な方のお話を聞いて、自分達も事前にできることは準備しないといけないと、今更ながら身の引き締まる思いです。 本当に自然のちからには敵わないですね。 まだまだ災害対策を強化しないといけない我が家ではありますが、、、 今日は、お料理教室でも使用している大切なお皿の収納方法を皆様にお見せしたいと思います。 お皿の一枚一枚にフェルト布をはさんでいます。 戸棚に収納しているのですが、扉は地震で開かないようにゴムで固定し、重ねたお皿は揺れの衝撃で割れにくいようにこのフェルトをクッション材として使用しています。 実際に私が勤めていたフランスの星付きレストランで実践しているところを見て、自宅でも真似するようになりました。フランスでは地震はほとんどないので、地震対策というよりは大切なお皿が傷付かないようにという配慮でしていたことですが、地震大国の日本では、揺れによる割れにも効果的だと思います。 フェルト布は手芸やさんで簡単に購入できますし、十分な厚みがあり、切り口がほつれることもありませんので、きりっぱなしでOK。 皆様も大切なお皿は是非

フラワーレッスン

こんにちは。 お料理教室Table Bourgeons...の和実です。 夏休み中はお教室もお休みをいただいていた為、すっかりご無沙汰しておりますが、皆様いかがお過ごしですか? ブログも随分久しぶりの投稿です。 今年の夏は日本を離れず、お盆には大阪へ里帰り。 実家に甘えてのんびりした夏休みを過ごしてまいりました。 帰省時恒例となっているいつものメンバーでの女子会はもちろんのこと、学生時代の友人達と10年ぶりの再会を果たしたり、家族とどっぷり触れ合った2週間。日頃はどちらかというと標準語を話している子供達も、最後のほうは大阪弁を使いこなしていたのが面白かったです。 そんな中、お教室に役立つ何かを習得したいと思い、お花のアレンジレッスンやデザートレッスンを受けてきました。 今日は、そのレッスンのお話。 お花のレッスンは、大阪を拠点に活動しているLes abeilles(レザベイユ)で。 レッスンにも役立てられるように、3パターンのバリエーションを教えてもらいました。 一つ目はブーケ。 スパイラルというテクニックで、その名のとおり、お花をスパイラル状に束ねるのだけれど、色のバランスや全体のラインなど、あれこれ考えはじめると難しい! いつもは見よう見まねでしていたけれど、プロに改めて直伝してもらい、手解きを受けたらこの仕上がり!見てください!!! 上手にスパイラル状に束ねることが出来たら、花束だけで自立するらしい。レッスンでは辛うじて自立していましたが、果たしてこれが、一人でも再現できるかどうか。。 2つ目は水差しのアレンジ。 これは、身近にあるグラスや水差しで気軽にお花を楽しめるので

​更新情報

Please reload

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Instagram Social Icon
  • Facebook Basic Square