体験入学

こんにちは。 お料理教室Table Bourgeons...の和実です。 猛暑が少し和らいだ今日この頃ですが、我が家は親子で毎日プール三昧です。 皆様はいかがお過ごしでしょうか? さて、前回のブログで触れておりましたフランス人学校の夏休み企画として、日本の小学校への体験入学についてですが、参加された親御さんから御感想を頂きましたので、ここに掲載したいと思います。 “明正小学校。良い経験になったようです。8日間という短い時間でしたが、先生方やお友達にはとても、お世話になり仲良くしていただきました。 場所は中央区、最寄り駅は八丁堀や茅場町。 今回は1年生から6年生まで25人前後のフランス人学校の生徒を受け入れていただいたようです。大体一学年2クラスくらいだったのでしょうか。中央区という場所柄か、色々な国籍やハーフのお子さんも通学されていたようです。娘のクラスも中国籍の子がいました。 娘が楽しかったのは給食の時間。毎日牛乳があって、牛乳パックのたたみ方を教えてもらったとか。確かにフランス人学校ではないだろう。味は日本の小学校のほうが美味しかったらしいです。デザートは基本なくて、あったとしてもゼリーやみかん。これでも満足だったみたい。 音楽の授業は、移動教室で音楽室に行き、「翼を下さい」の歌を歌ったようです。 あと、お友達の育てた朝顔をもらって色水を作る、そんな日本では当たり前のような教育に感動していました。” (小1女児のお母様のご意見) 国が変われば、教育内容も、お食事も色々違います。 子供なりにその違いを体験して理解し、それぞれの良いところが自分のものになればいいですね。 我が家

W杯

こんにちは。 お料理教室Table Bourgeons...の和実です。 大盛り上がりのサッカーW杯も先日終わってしまいましたね。 大健闘した日本の応援にも力が入ったものの、決勝トーナメントに名を連ねるのはヨーロッパチームが大半。こういう結果をみると、やっぱりサッカーはヨーロッパ諸国の国民的スポーツなんだなと納得せざるを得ないですね。 そして、フランス優勝~。強かった! Vive La France!! (ヴィーヴ ラ フランス!/フランス万歳!) こうしてブログを書いてはいるものの、今回我が家では、息子もまだ幼くそこまで興味を示していなかったり、早寝の主人にはやや遅めのキックオフということもあり、実はさほど盛り上がらず終わってしまったのですが、やはりフランス本国での歓喜の声はすごいですね。国全体が喜びに満ち溢れているよう。 私がフランスで働いていたときにも、サッカーの大会があると、レストランの営業中にも関わらず、スタッフがテレビで試合の様子をちょろちょろ見に行っていたのを思い出します。その当時の勤め先は、パリのロワイヤルモンソーホテル。凱旋門からも程近い位置にあるのですが、フランスチームが試合に勝った日は仕事終わりに帰宅するのが大変なほど、町中は大混乱でドキドキしたのを覚えています。 (7月14日の革命記念日もまた然り。同じように凱旋門周辺は大混乱していました。中には悪ふざけの度が過ぎる過激派もいるので、この時期にご旅行の際はお気をつけくださいね。) そんなこんなで、今回は試合をリアルタイムには盛り上がることが出来ず、個人的には不完全燃焼でしたので、今になって仏テレビ番組のフ

夏のバカンス突入!

こんばんは。 お料理教室Table Bourgeons...の和実です。 先週末よりわが子たちの通うフランス人学校は、長いながーい夏休みに入りました。 7月2週目から9月初旬までのほぼ丸2ヶ月間。 それに伴い、お料理教室もお休みさせていただいておりますが、今日はこのフランス人学校のことを少しお話したいと思います。 日本では無料で配布される教科書ですが、フランスでは学校から借りるシステムなのです。なので、汚れないようにカバーをつけなければいけませんし、書き込みも禁止。 もし、破損や紛失が合った場合は弁償するといった具合に。 私も噂では聞いていたものの、小学校にあがった娘が始めて持ち帰った教科書が新品だったので、やっぱり噂に過ぎなかったのかしら??なんてどこかで思っていたのですが、学年末の7月に入り、一年間お世話になった教科書は噂どおり学校へ返納することになりました。 娘のそれが新品だったのはたまたまで、同じクラスのなかにも使い古された教科書を配布された生徒もいれば、我が子のように新品にあたる生徒もいて、まちまちなのです。私は子供のころ、新学期に真新しい教科書を開き、始めの折り目をつけることでモチベーションがあがったのを思い出しますが、、、合理的といえば、合理的ですね。 高学年や中高になれば、配布される教科書以外にも一般の書籍を授業で使用するため、フランスから取り寄せたり、バカンスでの帰省の際に買い揃えたり、東京にあるフランス語書籍専門の本屋さん《 欧明社 Librairie OMEISHA》で購入したりすることになります。 学年によって揃えなければならないお道具はまちまちですが、

7月のメニュー

こんにちは。 お料理教室Table Bourgeons...の和実です。 7月レッスンのお料理はこちらでした。 Menu ーCarpaccio de Dorade, Salade Croquante 鯛のカルパッチョ、彩りサラダと共に ーMagret de Canard aux Cerises, Panisse 鴨胸肉のロースト、チェリーソース、パニス添え ーBlanc Manger à la Mangue マンゴーのブランマンジェ 前菜のカルパッチョでは、応用が利く万能ソースをご紹介いたしました。 シンプルなグリーンサラダにも良く合いますが、レッスンではこんな変り種のお野菜をご紹介。 これはビーツの一種で形は蕪のようですが、なんと断面は渦巻き模様なんです。色も鮮やかでかわいいでしょう?味は真っ赤なビーツと同じで、独特の土臭さを感じるものの、甘みがあります。ビーツは基本火を通してからいただきますが、この渦巻きビーツは薄くスライスしたり、細く千切りなどにカットして生でも食べることが出来ます。 今回は薄くスライスして模様を楽しみながら、生食ならではのシャキシャキの食感を楽しんでもらいました。 そして、メインは鴨胸肉のロースト。 鴨はフランスではスタンダードな食材なので、スーパーでも普通に並んでいます。日本では常備とまではいきませんが、冷凍であれば割と簡単に手に入ります。 今回はまだまだ旬のブラックチェリーをソースに。このソースもすごく簡単に出来るので、皆さんにも挑戦しやすいかと思います。 付け合せには、Panisse/パニス。 初耳の方も多いのでは?これは、ヒヨコマメの粉を水と一緒

7月レッスンスタート

こんにちは。 お料理教室Table Bourgeons...の和実です。 7月は第一週目しかレッスンが開催できずに、なかなかご予定が合わなかった方もいらしたのではないでしょうか。 我が家の子供達がながーい夏休みに突入してしまうことや、フランスから家族が来日するなどの諸事情で、皆様にはご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ございません。 そんな中、本日は貴重な7月のレッスンを開催させていただきました。 有難いことに、今日も満席御礼となりました。 夏日が続く毎日。どうせなら南国のバカンス気分を味わいたいと、今月のテーブルコーディネートは《リゾート》をイメージしました! クロスやナフキンの白をベースに、大胆にグリーンを取り入れました。お花はトロピカルな雰囲気のグロリオサをチョイス。同系色のケイトウも添えて。 センターに木板を用いたらどこかコロニアルな雰囲気も漂っています。 お皿の下に敷いたグリーン《モンステラ》も本物です。 皆さんも、すでにお気づきかと思いますが、Table Bourgeons...のお皿はいつも同じ。 フランスの老舗陶磁器ブランドJ.LCoquet(ジャン・ルイ・コケ)のもので、シンプルながら、エレガントさとモダンさを併せ持つデザインが気に入っています。 ですが、ベースとなるお皿が毎回同じですので、少しでも皆様に楽しんでいただけるように、月ごとに変えるテーブルコーディネートで工夫を凝らしています。 お皿を買い揃えるには出費がかさむのはもちろんのこと、収納スペースを確保するのが難しいですよね。そんなときは、こうして小物やグリーンなどをプラスするだけでも雰囲気が変えられるので

​更新情報

Please reload

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Instagram Social Icon
  • Facebook Basic Square